ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「WX320T」最新記事一覧

関連キーワード

ウィルコム、「WX320T」の最新ソフトウェアを公開
東芝製のPHS端末「WX320T」の最新ソフトウェアが公開された。(2009/7/10)

写真で解説する「WILLCOM LU」
音声端末としてウィルコム初のスライドボディを採用した「WILLCOM LU」は、東芝初のW-SIM端末でもある。WX320Tの使い勝手やデザインコンセプトを踏襲しつつ、ガジェット対応や2Mカメラ搭載などスペックアップを果たした。(2008/10/29)

「WX320T」用バージョンアップソフト公開、カメラ撮影時の挙動を改善
東芝が「WX320T」用バージョンアップソフトを公開した。フォントサイズやディスプレイ点灯時間の設定機能が追加され、カメラ撮影時の挙動やGmailサーバへのアクセス性を改善した。(2008/3/18)

PHS&データ通信端末販売ランキング(1月21日〜1月27日):
ウィルコムは「WX320T」、データ通信端末は「W05K」──ランキングは変動なく、停滞気味
上位の争いは激しいながら、変動は少なくなっているウィルコムとデータ通信端末のランキング。ウィルコムの新機種が登場する2月下旬までこの状況は続くのだろうか。(2008/2/1)

PHS&データ通信端末販売ランキング(12月24日〜1月6日):
auのデータ定額端末「W05K」好調、イー・モバイルとよい勝負
2007年末から、ウィルコムは「9(nine)」「WX320T」「Advanced/W-ZERO3[es]」、データ通信端末は「W05K」「D01NE」「AX520N」それぞれ三つ巴の争いを演じている。年が明け、中でも最も売れている端末は何だろうか。(2008/1/11)

ウィルコム、「WX320T」に新色を追加
ウィルコムは東芝製音声端末「WX320T」の新色を発表した。新色のネオブラックとネオホワイトは1月19日に、ブルーは1月31日に発売する。(2008/1/9)

ウィルコムの「WX320T」に新色のピンク
ウィルコムが東芝製のW-OAM端末「WX320T」に新色のピンクを追加する。(2007/10/17)

「WX320T」用アップデータ公開、拡張高速化サービスに対応
東芝は、ウィルコム向けPHS端末「WX320T」のアップデータを公開した。ソフト更新によりウィルコムの拡張高速化サービスに対応する。(2007/10/10)

ウィルコム、「W-VALUE SELECT」適用機種を拡大――「WX310K」や「9(nine)」も
ウィルコムは、割賦販売制度「W-VALUE SELECT」の適用機種を8月20日より拡大する。新たにWX310K、WX321J、WX220J、9(nine)が追加され、WX320TとWX320Kの新規契約時でも割賦販売を行う。(2007/8/16)

PHS販売ランキング(7月23日〜7月29日):
かわいい顔して“新人キラー”
携帯各社が月額料金を下げる「ナントカ割」などを矢継ぎ早に発表する中、ウィルコムも新たな販売方法「W-VALUE SELECT」の適用範囲を広げるなど、最近の携帯業界はなんだか騒がしい。では、新機種「Advanced/W-ZERO3[es]」や「WX320T」の順位はどうなっただろう。今回のランキングを早速チェックしていこう。(2007/8/3)

PHS販売ランキング(7月16日〜7月22日):
“あどえす”登場、果たして何位に?
続々登場する携帯新機種と並び、ウィルコムの新機種も負けてはいない。前回登場した「WX320T」に続いて今回も“オオモノ”が登場する。それが「Advanced/W-ZERO3[es]」。初登場週の今回、本機は何位に入ってくるだろうか。(2007/7/27)

開発陣に聞く「WX320T」:
譲れなかった“Carrots”への想い──東芝が6年ぶりのPHS「WX320T」で目指したこと
ウィルコム向け端末として、約6年ぶりに投入するPHS音声端末が「WX320T」。いまだにファンの多い東芝のPHS音声端末ブランド“Carrots”の復活にもなるこの端末に、どのような意図を込めたのか。東芝のWX320T開発チームに聞いた。(2007/7/23)

PHS販売ランキング(7月9日〜7月15日):
新顔「Carrots」登場、“3強”に挑む
ウィルコムのランキングは、新機種「WX320T」や「Advanced/W-ZERO3[es]」の登場でさらに騒がしくなってきそうだ。今回初登場のWX320Tは何位に入ったか、前回予約販売のみでランクインしたAdvanced/W-ZERO3[es]はどうなるか。では、今回のランキングを早速チェックしていこう。(2007/7/20)

PHS販売ランキング(7月2日〜7月8日):
“あど”付き、フライング気味──でも許す
WX320K、9(nine)、nico.の3機種が現在のウィルコムの売れ筋。しかし、近日発売予定の6年ぶりの東芝製PHS「WX320T」や「Advanced/W-ZERO3[es]」が登場することでランキングはどう変化するだろうか。早速今回のランキングを見ていこう。(2007/7/13)

約6年ぶりの東芝製PHS「WX320T」発売──価格は実質1万円台前半から
ウィルコムの東芝製端末「WX320T」が発売された。都内量販店の新規価格は1万2800円前後、機種変更ユーザー向けの割賦販売制度「W-VALUE SELECT」も利用できる。(2007/7/13)

ウィルコム、「WX320T」を7月13日、「9(nine)」新色を7月6日発売
ウィルコムは、東芝製の「WX320T」を7月13日に、「9(nine)」の新色「レッド」と「グリーン」を7月6日に発売する。(2007/7/2)

「Advanced/W-ZERO3[es]」「WX320T」の“ここ”が知りたい──読者の質問を大募集
この夏発売のウィルコム新端末、東芝製の“Carrots”「WX320T」とWindows Mobile 6搭載機「Advanced/W-ZERO3[es]について読者の皆さまからの質問を大募集。みなさまの疑問にお答えします。(2007/6/19)

あの“Carrots”が復活──東芝がPHSに再参入する理由
東芝がウィルコム向けPHS端末「WX320T」を投入する。それは2001年発売の「Beat Carrots」以来、約6年ぶり。なぜ、今PHSなのか。そしてそれにはどんな狙いがあるのだろうか。(2007/5/31)

写真で解説する「WX320T」
東芝のウィルコム向けW-OAM端末「WX320T」は、アンテナ内蔵のラウンドフォルムデザインに使いやすい「でかキー」を持ち、赤外線ポートや大容量電池パックを搭載するユーザーフレンドリーなPHSだ。(2007/5/31)

東芝が6年ぶりにウィルコム端末、「Carrots」復活
ウィルコムは、赤外線通信に対応した新たな音声端末「WX320T」を7月上旬より発売する。東芝製端末としては6年ぶりの投入だ。(2007/5/31)

ウィルコム、アンテナ内蔵のW-OAM対応東芝製音声端末「WX320T」を発表
東芝がウィルコム向けの音声端末でPHS市場に再参入する。第1弾として登場するのは、アンテナ内蔵で「でかキー」を採用したW-OAM対応の折りたたみ型端末だ。(2007/5/31)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。