ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヤッターマン」最新記事一覧

シリーズ最新作「タイムボカン24」が10月から メカデザインは大河原邦男、おなじみ三悪も健在
タツノコプロとレベルファイブがタッグ。(2016/6/9)

ドロンジョ様がグラビアデビュー! 御伽ねこむとのフュージョンで「月刊ドロンジョ」爆誕
うわああ! なんか出てきたでまんね〜ん!(2016/3/26)

「天野喜孝展」29日から ガッチャマン、ファイナルファンタジーなど100点以上
イラストレーター・天野喜孝さんの作品展「天野喜孝展 進化するファンタジー」が有楽町マリオンで1月29日に始まる。(2016/1/19)

NHKで特別企画「アニメ紅白」開催 アニソン対決を「アトム」から「妖怪ウォッチ」まで人気キャラが盛り上げる
紅組司会はちびまる子、白組司会はウィスパーが担当。(2015/12/18)

Weekly Access Top10:
さらば、約束の地
東京ビッグサイトを遠くから見ると、神殿みたい、っていつも思います。(2015/8/17)

ソフトバンク、人気アニメ見放題の「アニメ放題」提供開始――「ドラゴンボール改」の期間限定配信も
ソフトバンクモバイルは、2月17日から月額400円でアニメが見放題となる「アニメ放題」を提供開始。期間限定で「ドラゴンボール改」のサイヤ人編とフリーザ編を順次放送する。(2015/2/17)

あのキャラに花束を:
守りたい、9歳の君のこと 「夜ノヤッターマン」ロリンジョことレパード様にひれ伏せ!
あなたの行くところなら、どこまででも。(2015/2/11)

9歳の少女がドロンジョ様だヤッター! 「夜のヤッターマン」トレーラー公開
ヤッターマンによる圧政って……どゆこと?(2014/12/22)

ドロンジョは喜多村英梨さん 「夜ノヤッターマン」キャスト発表
ドロンボー一味の子孫ということで新たなボイスに。(2014/11/28)

「名探偵コナン」「金田一少年の事件簿R」など読売テレビの番組Huluで配信開始へ
連続ドラマ「ビンタ! 弁護士事務員ミノワが愛で解決します」や「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」なども。(2014/11/28)

さらにアニメ充実、1000話以上追加:
Huluで読売テレビの人気アニメなど配信開始――「名探偵コナン」「宇宙兄弟」「まじっく快斗1412」など計19作品
動画配信サービス「Hulu」では、読売テレビの人気アニメ「名探偵コナン」「宇宙兄弟」「まじっく快斗1412」「犬夜叉」など計19作品の配信が、12月3日より順次開始される。(2014/11/27)

ねっと部:
これが今風ドロンボー一味? 「夜ノヤッターマン」1月スタート
「タイムボカンシリーズ」誕生40周年を記念した深夜アニメ「夜ノヤッターマン」が来年1月スタート。世界観を一新、ドロンボー一味も今風デザインで登場する。(2014/10/27)

創立50周年:
タツノコプロが期間限定でバーをオープン
「ハクション大魔王」や「科学忍者隊ガッチャマン」「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」の3作品をフィーチャー。(2012/11/30)

夢の大河原メカ頂上決戦:
東京都稲城市で大河原邦男氏デザインメカが激突! 「大河原メカ バトルトーナメント」を観戦した
大河原邦男氏の作品展イベントとして「大河原メカ バトルトーナメント」が開催された。出場ロボットは見た目はもちろん、実際に立ちあがり、歩き、戦い、そして倒れていく……。(2012/3/2)

パチンコになったアニメから、私たちは何を学ぶべきか?
ピーク時には30兆円だったパチンコ市場は、衰退の一途をたどっている。貸金業法の改正により個人の借入総額は低く抑えられ、さらに中小ホールは淘汰されている。その衰退の陰で売り上げを伸ばしているのは、パチンコ店と一心同体の遊技メーカーである。(2011/1/25)

PR:3D液晶はどう見える? おサイフケータイは便利?――日本製Android「LYNX 3D SH-03C」の真価
裸眼で立体視ができるシャープ独自のデバイス「3D液晶」は、デバイスとコンテンツの組み合わせで他社製品にない魅力を実現。さらにケータイに搭載されていた定番機能、ワンセグやおサイフケータイを備えるLYNX 3D SH-03Cは、日本のユーザーも納得のスペックを実現したスマートフォンだ。(2010/12/15)

「キュージョン」今度はポストペットのモモのコスチュームで登場
(2010/2/2)

本山由樹子の新作劇場:
人気アニメを愛ある完全実写化――「ヤッターマン」
1970年代の人気アニメ「ヤッターマン」を、あの世界観そのままに実写化。実寸大ヤッターワンや、深キョン・ドロンジョのボンテージルックなど見どころ多数。BDは2枚の特典DVDがついた豪華3枚組。(2009/7/21)

マクドナルドのサイト、ドロンボー一味に乗っ取られる
日本マクドナルドの公式サイトが、アニメ「ヤッターマン」にジャックされている。(2009/5/8)

リリースダイジェスト(4月28日)
最大4人同時プレイが可能な3D横スクロールRPG「エルヴァリエ」の配信や、“一目ぼれ”を記録するモバイルサービス「ヒトメボβ版」の特別企画、「仮面ライダー」のきせかえツールの登場など。(2009/4/28)

ドワンゴ、嵐のニューシングルの着うたを独占先行配信
(2009/2/17)

熱血漢“バツ”のオリジナルゲームは暗記モノ――「タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES」
「タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES」に登場するキャラクターおよびWii版のみの要素であるオリジナルゲームを公開する記事も今回がラスト。最後は「バツ」「ロック・ヴォルナット」「ハクション大魔王」「ポリマー」を紹介していく。(2008/12/10)

読者プレゼントを手に入れろ――「タツノコ VS. CAPCOM」先行体験会で戦ってきた
カプコンから「タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES」先行体験会の招待状が届いた。読者プレゼントもあるとのことで、ITmedia +D Gamesも参加したのだが……思わぬ結果となりました。(2008/12/4)

キャシャーンのオリジナルゲームは相棒“フレンダー”が主役――「タツノコVS. CAPCOM」
「タツノコVS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES」に登場するキャラクターおよびWii版のみの要素であるオリジナルゲームを紹介する記事も5回目を迎えた。今回はカプコン側から「PTX−40A」、タツノコ側から「キャシャーン」「ヤッターマン一号」を紹介する。(2008/12/4)

1位は「マクロスF」──「インターネットワード・オブ・ザ・イヤー」
アスキー総研の「インターネットワード・オブ・ザ・イヤー 2008」で、総合1位に「マクロスF」が選ばれた。5位までに3つのアニメ作品がランクインしている。(2008/12/2)

カプコンの最新格闘ゲームが集結――「カプコン大格闘祭〜俺より強い奴に会いに行く2008〜」
カプコンの最新対戦格闘ゲームのイベント「カプコン大格闘祭〜俺より強い奴に会いに行く2008〜」が開催。「ストリートファイターIV」「タツノコVS. CAPCOM」のステージイベントには、それぞれの作品に出演する声優陣も登場した。(2008/11/4)

「PTX-40A」「テッカマン」のオリジナルゲームを公開――「タツノコVS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES」
Wii版「タツノコVS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES」のみに収録されているオリジナルゲームは、登場キャラクターごとに用意されている。今回は「PTX-40A」「テッカマン」のオリジナルゲームを紹介する。(2008/10/20)

アニメ「ヤッターマン」の世界観を再現したシミュレーションゲーム
(2008/10/15)

東京ゲームショウ2008 カプコンブース:
「タツノコVS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES」新キャラ、Wii版新機能が明らかに
東京ゲームショウ2008、カプコンブースで発表された「タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES」の新情報をお届け。2人の新キャラクターに加え、Wii版の追加要素も!(2008/10/11)

東京ゲームショウ2008 タカラトミーブース:
“もしも!?”TGSに遊びに来たら――タカラトミー、16タイトルを出展
タカラトミーブースでは、全16タイトルを出展。特に新シリーズとして11月に登場する“もしも!?”シリーズの2タイトルに注目が集まった。(2008/10/11)

東京ゲームショウ2008:
KDDI、Bluetooth対戦可能なケータイゲームを多数展示――ドロンジョ様も“おしおきナシ”で登場だ
東京ゲームショウ2008のKDDIブースでは、この冬以降に登場予定のBluetooth対戦ゲームが多数登場。また、周囲を見ながらケータイゲームを大画面で楽しめる透過型ヘッドマウントディスプレイも参考出展された。(2008/10/10)

東京ゲームショウ2008:
新作ゲームの試遊や来場者限定アバターのプレゼントも――DeNAブースほか
ドコモとKDDIを除く携帯ゲーム関連のコーナーには、DeNA、アンビション、スパイシーソフト、ケムコなどが出展。新作ゲームを公開するほか、来場者限定のコンテンツを用意するブースも。(2008/10/9)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
ソフトラインアップ一挙公開――Wii編(その2)
「任天堂カンファレンス 2008.秋」において発表された、Wiiの新作タイトル最新スクリーンショットを公開する。こちらは任天堂タイトルを中心にまとめてみた。(2008/10/3)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
DSは1人1台の時代へ、Wiiはラインアップの充実を――新型DS「ニンテンドーDSi」を発表
任天堂は10月2日、「任天堂カンファレンス 2008.秋」を開催し、カメラ機能やオーディオプレイヤー機能などを追加した「ニンテンドーDSi」を発表。DSが1人に1台普及し、マイDSとするための施策が語られた。(2008/10/2)

タツノコヒーローとカプコンキャラクターがWiiでも競演
全国のアミューズメント施設に12月登場予定の「タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES」が、Wii用ソフトとしても発売されることが決定した。(2008/9/19)

「KOF XII」や「タツノコVS.CAPCOM」が遊べる――第46回アミューズメントマシンショー
千葉・幕張メッセで第46回アミューズメントマシンショーが開幕した。2月のAOU2008に引き続き、格闘ゲームが多い印象を受けた今回のアミューズメントマシンショー。主要メーカーのブースを中心に、注目タイトルを紹介していく。(2008/9/18)

「ヤッターマン」とのコラボレーションパッケージ発売――「エミル・クロニクル・オンライン」
(2008/8/20)

SDカードがヤッターマンのメカに アッキーナも登場する東芝Flashアニメ公開
ヤッターマンのメカとしてmicroSDカードが登場し、ヤッターマンとグラビアアイドル・南明奈さんのキャラが共演するFlashアニメが公開される。(2008/7/29)

日々是遊戯:
まだまだ課題多し!? DSの新サービス「DSvision」の使い勝手を試してみた
オンラインで購入した小説やコミック、アニメなどをDSに入れて持ち歩ける新サービス「DSvision」が、7月3日よりスタートした。ということで、さっそく筆者も試してみたのだが……。(2008/7/9)

ヤッターマン一号とアレックスも参戦決定――「タツノコVS.CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES」
(2008/7/2)

「タイムボカンシリーズ1st エピソードコレクション」、7月4日より数量限定で発売
(2008/6/16)

「ヤッターマン」のアトラクションが東京ジョイポリスに登場
(2008/6/5)

「ガッチャマン」の大鷲の健が「ストファイ」のケンとガチンコ対決!?
あの「VS.シリーズ」が復活する。しかも今度の相手が“タツノコヒーロー”たちというから、熱いことこの上なし! その名も 「タツノコVS.カプコンCROSS GENERATION OF HEROES」!!(2008/5/23)

マニア度を測る「ヤッターマン検定試験」実施──「ヤッターマン」公式携帯サイト
(2008/5/12)

保田隆明の時事日想:
リバイバルブームの訳は? 新規顧客開拓の一石二鳥効果
最近、若い女性の間でゴルフが人気だ。女性がいれば男性客も寄ってくる。腕に自信のあるオジサンたちが再びクラブを握ることにより、ブームが再燃しているのだ。新規顧客を開拓しながら、かつての顧客を呼び戻す――この“リバイバルマーケティング”は、アニメや清涼飲料水の世界でも成功している。(2008/5/8)

今度はゴルゴ、ラオウ、デビルマン──「キュージョン」第3弾発売
(2008/4/4)

「東京国際アニメフェア2008」開幕
昨年、動員数が10万を超えた世界最大級のアニメーション総合イベントが今年も有明の東京ビッグサイトで開幕した。ますます規模を拡大している初日ビジネスデーの様子を見に行った。(2008/3/27)

ガッチャマン、タイムボカン、ハクション大魔王など──タツノコプロの公式動画配信サイト開設
(2008/3/17)

「実は麻雀が弱かった」と告白する和田アキコさん――「朝青龍はジェロを見習え」
サクセスはニンテンドーDSゲーム「アッコでポン! 〜イカサマ放浪記〜」発表会を開催。会場にはキャラクターとして登場する和田アキコさんが姿を見せ、本作の魅力について語るともに、最近の芸能情報についても意見を聞かせてくれた。(2008/2/28)

タカラトミー、インデックスHDの増資引き受け
(2008/2/4)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。