ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「吉永小百合」最新記事一覧

関連キーワード

謎ランキングにマリリン・モンロー? 情報量ありすぎな高田馬場の名物青果商に話を聞いてみた
通り過ぎるだけでも突っ込みどころが満載。(2017/7/1)

嵐出演の年賀はがきCM、新作が公開! 大野さんのサル耳姿も
ネットで公開中!(2015/12/1)

ソフトバンクモバイルの新ブランドキャラクターに吉永小百合さん
ソフトバンクモバイルが女優の吉永小百合さんを新ブランドキャラクターに起用。テレビCMなどに出演する。(2013/9/3)

ソフトバンク、新ブランドキャラクターに吉永小百合さんを起用
9月3日から新CMを放映するほか、交通広告や店頭ツールなども順次展開する。(2013/9/2)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/4/15)

対談・肉食と草食の日本史:
「玉砕」の謎 一夫一婦制と国民皆兵の明治
江戸の農村社会から明治の工業社会に移ると、都会的な一夫一婦制が浸透。国民皆兵制度でお百姓さんがいきなり兵士になって戦地で敵を殺し、自らも玉砕した。(2010/5/12)

液晶パネルの生産能力を倍に、シャープが「グリーンフロント堺」竣工式
シャープは4月16日、大阪府堺市の「グリーンフロント堺」で竣工披露式を催した。その席上、シャープの町田会長は7月に液晶パネルの生産量を現在の倍に引き上げることを明らかにした。(2010/4/16)

PR:新人女性記者、“LED AQUOS”SE1の省エネ機能に驚く
いよいよ2月15日に発売される“LED AQUOS”第2弾「SE1ライン」。自動的に電気代を抑えてくれる便利な機能の数々に新人女性記者が挑む?(2010/2/15)

経済研究所 研究員は見た! ニッポンのキカイ事情(2):
パリジェンヌたちを魅了するオイゲンの鋳物
経済研究所の研究員が、さまざまな切り口で加工技術や現場事情を分かりやすくレポートするシリーズ。よりよい設計をしていくために、加工事情について知識の幅を広げていこう。(編集部)(2009/12/4)

もらってうれしくない年賀状、送っていませんか?
年賀状を送ってほしい有名人は? 凸版印刷の調査によると、男性部門は「イチロー」さん、女性部門は「吉永小百合」さん。また解散で注目を集めた「サザンオールスターズ」にも多くの票が集まった。(2008/12/3)

老舗・松竹、自前で映画ネット配信 名作を有効活用、ファンの声を新作にも
松竹が、自前サイトを構築して映画の有料配信を始めた。1921年(大正10年)以来蓄積した2000本以上の映像資産の活性化が狙い。サイトを通じてファンの声を集め、映画制作にも反映させたい考えだ。(2008/5/22)

「50歳以下お断り」の新聞社サイト、続々登場の理由
(2008/2/29)

年代で変わる夫婦観「絆」から「忍」へ
20代・60代ともに約9割が現在の配偶者と結婚してよかったという。しかし60代の5割は生まれ変われば、今の相手とは“NO”と回答。ユーキャン調べ。(2007/11/16)

シャープ、“世界最大”65V型フルHD液晶テレビ発表〜8月発売
シャープが、世界最大サイズとなる65V型デジタルハイビジョン液晶テレビ“AQUOS”「LC-65GE1」を8月1日に発売する。昨年のCEATECでお披露目したもの。価格は168万円。(2005/6/3)

“オタクマーケティング”の時代到来?――NRIに聞く「オタク市場の力」
オタク市場は来年どうなる?――オタク市場を調べあげ「もはやニッチではない」と宣言した野村総研に、オタク市場の展望や、オタクに物を売る秘けつや“オタクマーケティング”の可能性を聞いた。(2004/12/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。