ニュース
» 2015年12月14日 13時14分 UPDATE

3つのデジタルフィルターが楽しめるポータブルDAC「HERUS+」、エミライが発売

カナダ「Resonessence Labs」ブランドからポータブルDAC新製品「HERUS+」(ヒールス・プラス)が登場した。3つのデジタルフィルターを備え、本体のボタン操作で手軽に利用できる。

[ITmedia]

 エミライは12月14日、カナダ「Resonessence Labs」のポータブルDAC新製品「HERUS+」(ヒールス・プラス)を発表した。12月19日に発売する予定で、価格はオープンプライス。店頭では6万円台後半になる見込みだ。

ts_herus01.jpg 「HERUS+」(ヒールス・プラス)

 バッテリーは内蔵せず、USBバスパワーで動作する小型のDAC。31.7(幅)×63.5(長さ)×20(厚さ)ミリという小さな筐体にUSB入力と3.5ミリステレオミニのヘッドフォン出力を備えている。

 DACは、ESS Technology製のモバイル向けチップ「ES9010-K2M」。352.8kHz/24bitまでのPCM音源(DXD)、および5.6MHzまでのDSD再生が可能だ。PCとの接続に加え、Android端末とのデジタル接続(OTGケーブル経由)、iOSデバイスとのデジタル接続(カメラコネクションキット経由)もサポート。一方、イヤフォン/ヘッドフォンも32オームから600オームまでと幅広い製品に対応した。

 新機能は、3つのデジタルフィルターを本体のボタン操作で手軽に利用できること。DACチップに標準搭載されている「Sabre Fast Roll-Off」フィルターのほか、オリジナル設計の「Minimum Phase IIR」および「Apodizing」を搭載している。

ts_herus02.jpg Rロゴの一部がボタンになっており、押すたびにデジタルフィルターが切り替わる

 なお、エミライでは同日、Resonessence Labs製品をすべてオープンプライスとする価格改定を発表したほか、Resonessence Labs製品向けのWindows用ドライバーのアップデートもリリースした。USB Audio Class 2.0ドライバーソフトウェアの新バージョンは「V3.26.0」となり、Windows10に正式対応している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.