ニュース
» 2015年12月28日 14時48分 UPDATE

純A級動作のフルディスクリートアンプを搭載したハイレゾ対応ポータブルプレイヤー「QP1R」登場

Jは、Questyle Audio Technologyのハイレゾ対応ポータブルプレイヤー「QP1R」を発表した。「第7回ポタフェス」で参考展示された新型プレイヤーだ。

[ITmedia]

 Jは、Questyle Audio Technologyのハイレゾ対応ポータブルプレイヤー「QP1R」を発表した。ゴールドとスペースグレイの2色を2016年1月21日に発売する。価格はオープンプライス。店頭では13万円前後(税込)になる見込みだ。

ts_qp01.jpg 「QP1R」。ゴールドとスペースグレイの2色をラインアップ

 「第7回ポタフェス」で参考展示された新型プレイヤー。フルディスクリート構成の純A級アナログアンプを搭載しながら内蔵のリチウムポリマーバッテリー(3300mAhの)で約10時間の連続再生を実現したことが特徴だ。「プレーヤーで音質を追及すると、どうしても大きな電力が必要になるが、QP1Rでは電流コントロール技術で高音質と省エネを両立した」(同社)という。

 DACにはCirrus Logic「CS4398」を採用し、最大192kHz/24bitのPCM音源、およびDSD 256(5.6MHz)までのネイティブ再生が可能だ。対応フォーマットは、WAV、FLAC、ALAC、APE、AIFF、ADPCM、LPCM、MP3、WMA、WMA Lossless、OGG、AAC、DFF、DSF。本体はアルミ削り出しで、ガラス部にはゴリラガラスを使用した。ストレージは32GBの内蔵メモリ、および本体底面にmicro SDカードスロットを2基搭載しており、最大288GBまで拡張できる。

ts_qp03.jpg micro SDカードスロットを2基搭載
ts_qp02.jpg フルディスクリート構成の純A級アナログアンプを搭載

 本体サイズは約65(幅)×133.5(高さ)×15(厚さ)mm。重量は214g。クロスバッグ、充電用USBケーブル、3.5mm変換ケーブル、オプティカル端子アダプターなどが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.