ニュース
» 2016年08月26日 20時34分 UPDATE

Bluetoothで“つながる”次世代コーヒーマシン「バリスタ i」登場

ネスレ日本は、新しいコーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタi」を10月に発売する。5種類のカフェメニューが楽しめる機能はそのままにBluetoothを搭載。スマートフォンと連携する。

[ITmedia]

 ネスレ日本は8月26日、新しいコーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタi」を発表した。「IoTで人と人のつながりを生み出す、次世代のコーヒーマシン」(同社)。10月1日から全国のスーパーマーケットやオンラインショップ、家電量販店などで販売する。価格は7389円から。

「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタi」のレッドとホワイト

 5種類のカフェメニューが楽しめる「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」の機能はそのままに、新たにBluetoothを内蔵。スマートフォン用アプリ「ネスカフェ アプリ」(iOS/Android)と連携し、新しい使い方を提案する。

オリジナルレシピの作り方

 例えばコーヒーの濃さや泡立ちをアレンジし、レシピを「お気に入り」登録しておくと、自宅や職場のバリスタ iで自分好みのコーヒーがいつでも楽しめる。また家族や友人を「友達リスト」に登録しておけば、その人がいつコーヒーを飲んだかが分かるため、家族と離れて暮らしている場合の安否確認などにも使える。ほかにも「目覚まし」機能やコーヒー抽出時間の予約機能、コーヒーを飲んでゲームに挑戦するとポイントがたまる「ネスカフェ ワクワクポイントプログラム」といった機能がある。アプリは9月20日にリリース予定だ。

家族や友達とつながる機能もある

 バリスタiの重量は3.4kg。カラーバリエーションとしてレッド、ホワイト、プレミアムレッド、ピュアホワイト、ウッディブラウンの5種類を用意している。このうちレッドとホワイトはスーパーマーケットや通販ルートのみで取り扱い、価格は7389円。一方、プレミアムカラーの3モデルは家電量販店で販売する予定だ。価格は8315円(いずれも税別)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう