ニュース
» 2017年02月13日 20時45分 UPDATE

ダイソンの“未来への投資”、シンガポールに大規模なテクノロジーセンターを新設

ダイソンが3億3000万ポンドを投じてシンガポールに研究開発施設を新設した。これまでもモーター製造拠点や空調技術など一部研究施設は存在しており、今回は大幅にそれを拡張したかたち。センター内にはサプライチェーンと物流を管理するコントロールタワーも設けている。

[ITmedia]

 ダイソンは2月13日、シンガポールに新しい研究開発施設「Singapore Technology Centre」(シンガポール テクノロジーセンター)をオープンした。これまでもモーター製造拠点や空調技術など一部研究施設は存在しており、今回は大幅にそれを拡張したかたちだ。

 ダイソンは2016年9月に“創業の地”である英国ウィルトシャーに大規模な研究開発施設「テクノロジーキャンパス」を開設したばかりだが、英国におけるエンジニア不足がさらなるテクノロジー開発の妨げになっているとして、エンジニアの育成に力を入れるとともに国外にも目を向けていた。

 3億3000万ポンド(約478億円)を投じて新設されたテクノロジーセンターは、シンガポール国立大学の隣に位置し、同社のモーター製造拠点があるウエストパークからも近い。施設内には幅広い技術開発に対応できる最新ラボが多数設けられ、ウエストパークと合わせて1100人のエンジニアや科学者が研究開発に取り組む。

「Low Voltage Lab」
コネクティビティを検証する「Connected Studio」

 ジェームズ・ダイソン氏は、「私達の野心的な技術革新を実現するためにシンガポールへ投資を行うということは、決して偶然のことではありません。ここでは世界でも有能かつ優秀な人材が人工知能(AI)やロボット工学、流体力学、ヴィジョンシステムによるハードウェア、電気工学、そしてソフトウェアの融合による技術の開発を行っています。ダイソン製品はソフトウェアのアップデートを通じ、時間の経過と共によりよい機能を提供し続けます」とコメントしている。

センター内のカフェ

 また、テクノロジーセンター内にはサプライチェーンと物流を管理するコントロールタワーを新設した。年間1300万台を超える製品を作り、世界75カ国で販売しているダイソンは、500以上のサプライヤーから40億個以上の部材を調達している。コントロールタワーは、そのすべてのサプライチェーンシステムにつながっているという。「最新のテクノロジーを用い、高品質な製品をお客様にオンタイムでお届けすべく、製品の品質や配送方法をリアルタイムに追跡しています」(同社COOのジム ローウェン氏)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう