レビュー
» 2017年02月14日 12時38分 UPDATE

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:ラジオ番組をスマホにダウンロードできる「ラジオクラウド」

Wi-Fi通信以外の環境では、できるだけストリーミングコンテンツの利用を避けたい。そのような人に最適なラジオアプリが「ラジオクラウド」だ。スマートフォンのローカルストレージにラジオ番組を保存し、オフラインで聴取できる。

[片岡義明,ITmedia]

 国内のラジオ番組をiPhoneやAndroidスマートフォンで聴けるアプリが数多く提供されているが、その多くは番組をダウンロードしておくことはできず、オフライン環境では利用できない。スマートフォンの月々の通信量を少なめに設定して節約している場合、Wi-Fi通信以外の環境では、できるだけストリーミングコンテンツの利用を避けたいと思っている人も少なくないだろう。そのような人に最適なラジオアプリが登場した。

 「ラジオクラウド」は、番組をダウンロードできるiOS/Android向けラジオアプリだ。スマートフォンのローカルストレージにラジオ番組を保存し、オフラインで聴取することができる。

「ラジオクラウド」で番組のコンテンツ一覧を表示したところ(写真=左)。番組内容を確認できる(写真=右)

 聴取可能なラジオ局は、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、MBSラジオ、ラジオ大阪、ラジオ関西、KBS京都、ラジオ沖縄、ラジオNIKKEI、TOKYO FM、J-WAVEなど。ただし、各局で放送しているすべてのラジオ番組を聴けるわけではなく、局によって聴ける番組の数は異なる。中には1つしか聴けない局もある。

 局名が書かれたタブを切り替えることで聴取可能な番組の一覧が表示される。番組のバナーをタップすると、過去に放送された各回のタイトル一覧を表示。また「番組情報」をタップすればどのような内容なのかを確認できる。聴きたい回をタップすると再生が始まるが、これはストリーミングによる再生で、ダウンロードする場合はタイトル右横の「↓」をタップすることで保存される。保存した番組の一覧は、下部メニューの「マイリスト」で確認できる。

マイリスト(写真=左)。ストレージの空き容量を確認できる(写真=右)

 Wi-Fi環境下であらかじめ好きな番組をダウンロードしておけば、電車などで移動中にオフラインで聴取できるので便利だ。なお、ダウンロードした番組を削除したい場合は、マイリストの一覧の中から、消したいコンテンツを左にスワイプすれば削除ボタンが表示される。下部メニューの「設定」を選ぶと、空きストレージ量を確認できるので、これを参考にしながら保存したコンテンツを管理できる。ダウンロードをWi-Fi環境時だけに制限することも可能なので、スマホのデータ通信量が気になる人はチェックしておこう。

ダウンロードをWi-Fi環境時に制限することができる(写真=左)。タブの並べ替えが可能(写真=右)

 局名タブの並べ替えも可能で、アプリの使い勝手はとてもいいが、前述したように、局によっては聴ける番組の数が少ないところが残念。聴取可能な番組を最も多く提供しているのはTBSラジオで、2月8日時点で37の番組を聞くことができた。他の局についても同じくらいの数に増えていくことを期待したい。

  • ラジオクラウド(App Store)
  • ラジオクラウド(Google Play)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう