ニュース
» 2017年02月27日 14時13分 UPDATE

「DAZN」のJリーグライブ配信で不具合――YouTubeなどで緊急配信

[ITmedia]

 「DAZN」(ダ・ゾーン)を運営するPerform Investment Japanは、2月26日(日)に行われたサッカーJ1リーグ「ガンバ大阪 vs ヴァンフォーレ甲府戦」およびJ2リーグの「愛媛FC vs ツエーゲン金沢」でDAZNユーザーがライブ配信を視聴できないトラブルが発生したことを明らかにした。

「DAZN」(ダ・ゾーン)の視聴イメージ

 26日の16時47分頃、両試合の試聴中に画面上がバッファリング状態になり、試合が視聴できない状態が続いた。さらに22時50分頃、J2リーグ全試合の見逃し配信が視聴できない状態であることも発覚したという。

トラブルに関する告知

 同社によると、原因は中継制作ではなく、「配信映像へ方式変換するプラットフォームにあるスケジューリングシステムの構築誤差が起因したと予測される」という。「DAZNプラットフォームにて対処を試みるも非常に希な事象であったため、即時復旧に至らず、時間を要してしまった」(同社)

 当日は緊急措置として18時30分頃から「ガンバ大阪 vs ヴァンフォーレ甲府戦」を「Goal.com」を通じてライブ配信を行ったほか、20時以降には両試合をJリーグのYouTube公式チャンネルで配信した。また27日には「DAZN」において両試合のオンデマンド配信を開始。J2リーグの見逃し配信についても試合ごとに随時対応するとしている。なお、ユーザーへの対応については詳細が決まり次第、改めて告知する予定だ。

 同社CEOのジェームズ・ラシュトン氏は、「昨日、Jリーグのライブ配信において重大な問題が発生しました。視聴することができなかった全てのファン・サポーターに心よりお詫び申し上げます。本来われわれがJリーグを愛する皆さまに届けたかったものとは異なった結果になったことで、ファン・サポーターの皆様に大変不快な思いをさせてしまったことは、私にとっても受け入れがたいことであります。まずは、原因の徹底究明と今後の改善に全力を尽くすことで、今後このような事態が起こらないように取り組んでまいります」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう