ニュース
» 2017年09月05日 15時54分 公開

ソニー、ハイレゾ対応ウォークマン「ZX300」と「A40」シリーズを国内で発表――ヘッドフォンと色を合わせた限定モデルも

ソニーはハイレゾ対応ウォークマンの新製品「ZX300」と「A40」シリーズを国内でも発表した。カラーバリエーションや販売価格も明らかに。

[ITmedia]

 ソニーは9月5日、ハイレゾ対応ウォークマンの新製品として「NW-ZX300」および「A40」シリーズを発表した。いずれもドイツで開催された「IFA 2017」でお披露目したもの。国内では10月7日に発売する。

「NW-ZX300」。国内ではブラックとシルバーの2色をラインアップ

 NW-ZX300は、フラグシップモデルの「WM1」シリーズで培った技術をコンパクトなボディーに詰め込んだハイレゾ対応ウォークマンのミドルレンジモデルだ。最大384kHz/32bitのリニアPCM(WAV)に加え、最大11.2MHzのDSDネイティブ再生をサポート。さらにMQAとAPEの再生にも対応した。

 ボディーはアルミ削り出しのシャーシを採用し、新たに4.4mm径のバランス出力を備えた。また3.1型のディスプレイにはタッチパネル部分に指滑りが良いマットガラスを採用。映り込みを低減し、指紋も付きにくい効果もあるという。

4.4mm径のバランス出力を装備
マットガラスの画面。映り込みがなく指紋も付かないが、外光を受けると画面自体が光って見にくくなるケースもあった

 Bluetooth接続では、ソニーが開発したLDACに加え、11月以降に提供されるファームウェアアップデートによってaptX HDをサポートすることが明らかにされている。Bluetoothヘッドフォンなど、より幅広い機器との接続性を確保するためだ。

背面にNFC
側面にmicroSDカードスロット1基

 バッテリー駆動時間は、96kHz/24bitのFLACファイル再生時でバランス接続なら約23時間、ステレオミニジャック接続では約26時間。Bluetooth(LDAC)を併用した場合は約14時間となる。

 細かい部分のアップデートとして、自動電源オフ設定が挙げられる。これは従来機ユーザーの「画面は消えているのに電源オフにならず、いつのまにかバッテリーを消耗している」という声を反映したもの。メニューから1時間から24時間まで4段階で設定できるようになった。

自動電源オフ設定のメニュー

 本体サイズは従来機「NW-ZX100」とほぼ同じ、57.3(幅)×119.5(高さ)×14.8(奥行き)mm、重量は約157g。カラーバリエーションはブラックとシルバーの2色で、価格はいずれもオープンプライス。ソニーストアでの販売価格は6万4880円(税別)となっている。

外音取り込み機能付きのハイレゾウォークマンエントリーモデル

 一方の「A40」シリーズは、ノイズキャンセリング機能を搭載したハイレゾ対応ウォークマンのエントリーモデルだ。新たに“外音取り込み”機能を備え、音楽を聞いているときに音楽といっしょに周囲の環境音も聞くことができる。

「A40」。画面はクリアだが指紋は付く

 再生できるファイルは、リニアPCM(WAV、FLAC)が192kHz/32bitまで、DSDは最大11.2MHzのファイルを176.4kHz/32bitのリニアPCMに変換して再生する仕組みだ。さらにMQAとAPEもサポート。バッテリー駆動時間は、96kHz/24bitのFLACファイル再生時でデジタルNCをオンにして約33時間、オフでは約39時間。Bluetooth接続時のコーデックはLDACとaptX HDをサポートする(要ファームウェアアップデート)。

側面のハードウェアボタン

 ラインアップは4機種。64GBメモリを内蔵した「NW-A47」(3万7000円前後)と16GBメモリの「NW-A45」(2万2000円前後)というプレーヤー単体モデルに加え、外音取り込み機能に対応したノイズキャンセリング対応イヤフォンが付属する32GBモデル「NW-A46HN」(3万400円前後)および16GBモデル「NW-A45HN」(2万9000円前後)をそろえた。いずれもムーンリットブルー、ペールゴールド、グレイッシュブラック、トワイライトレッド、ホライズングリーンの5色を用意。同時期に発売する「h.ear」シリーズのヘッドフォンと合わせ、コーディネートが楽しめる。

「Moonlit Blue Special Box」

 なお同社では、NW-A45(16GB)とh.ear onの新製品「WH-H800」の同色モデル(ムーンリットブルー)をセットにしたスペシャルボックス「Moonlit Blue Special Box」も発売する予定。ウォークマンとヘッドフォンをまとめて収納できるオリジナルポーチが付属するというもので、1000セット限定販売。同じく10月7日発売予定で価格はオープンプライス、店頭では4万5000円前後になる見込みだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう