ニュース
» 2004年04月02日 19時59分 UPDATE

番号ポータビリティ「安さで選ぶ」8割

ネプロアイティは、番号ポータビリティ制度のアンケート調査結果を公開した。携帯キャリアを変えるとしたら、やはりユーザーは「安さで選ぶ」ようだ。

[杉浦正武,ITmedia]

 ネプロジャパンとその子会社であるネプロアイティは4月2日、番号ポータビリティ制度のアンケート調査結果を公開した。携帯キャリアを変更する場合「安さで選ぶ」と答えたユーザーが、全体の8割を占めた。

導入を「知っている」66%

 番号ポータビリティが導入される見通しであることを「知っている」と答えたユーザーは、全体の66%。「知らない」は32%で、無回答が1%だった。

 実現したら、携帯キャリアを「変えたい」と答えたユーザーは、全体の19%。「変えたくない」が36%で、どちらともいえない、分からないと答えたユーザーが44%だった。

 変えるとしたら、何を基準にキャリアを選ぶか問う項目では、「料金の安さ」が80%で2位を引き離しトップ。以下、「機能の充実度」「サービス」などが並んだ(下表参照)。

Photo

 利用時の心配、不安を問う項目では「データ移行ができないと困る」が59%。「メールアドレスが変わったら困る」は51%だった(下表参照)。なお、「その他」を回答したユーザーのうち、38%が「セキュリティ、情報漏洩が心配」と答えている。」

Photo

 調査は、3月11日から12日にかけてiモード、EZweb、Vodafone Live!の公式サイト「ザ★懸賞」内で実施したもの。5192件の有効回答を得ており、内訳は男性39%。女性61%。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.