ニュース
» 2004年04月26日 15時14分 UPDATE

au端末でau利用料の支払いが可能に〜「Pay-easy」に対応

KDDIは5月10日から、au携帯電話やDIONなど、同社の各種通信サービスの支払い方法を「Pay-easy」に対応させる。EZwebやPC経由で、時間や場所を問わずに料金を支払えるようになる。

[後藤祥子,ITmedia]

 KDDIは5月10日から、au携帯電話やDION、市内・市外電話などの各種通信サービスの支払いを、「Pay-easy」(9月13日の記事参照)に対応させると発表した。

 これによりユーザーは、EZwebやKDDIサイトの料金照会ページから「料金のお支払い」を選んでPay-easyの指定銀行から利用料金を振り替えられるようになる。

 当初Pay-easyでの支払いに対応する金融機関は、みずほ銀行、UFJ銀行、東京三菱銀行、横浜銀行、千葉銀行、京葉銀行、信用金庫(一部利用できない信用金庫もあり)、日本郵政公社。取り扱い可能な金融機関は順次拡大される。

 「Pay-easy」対応のメリットは、ユーザーが時間や場所を選ばず、支払いが可能になる点。外出先や自宅、夜間などでも指定した口座からの振替が可能で、請求書が手元になくても振替の手配を行える。

コンビエンにも対応

 またKDDIは、請求書が手元になくてもau携帯電話の利用料金をコンビニで支払える「コンビエン」(2003年8月の記事参照)の取り扱いも開始する。5月10日から。

 ユーザーはEZwebから二次元コード化された利用料金情報を取得、コンビニエンスストア「am/pm」店頭の読みとり装置に二次元コードをかざすと利用料金を支払える仕組み。

 なおコンビエンで支払い可能なのは、au携帯電話の利用料金のみ。対応するコンビニエンスストアは順次拡大予定だという。

sa_pay.jpg
 利用イメージ。KDDIサイトや金融機関サイトからPay-easyを通じて決済する場合は、各金融機関のモバイルバンキングやインターネットバンキングに登録しておく必要がある


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.