ニュース
» 2004年09月15日 16時15分 UPDATE

スライドボディには意味がある〜「D253i」

「単なるスライドボディでは面白くない。そこに意味を持たせたかった」──。2段階のスライドボディは、開発陣のそんな思いから生まれた。

[後藤祥子,ITmedia]

 ドコモ端末として初のスライドボディで登場したのが三菱電機製の「D253i」。スライドと各種機能を連動させたのが特徴だ。

 カメラは3モデル中で唯一、CCDを搭載。外部メモリスロットは備えていないが、端末内部に8Mバイトのメモリを装備した。

sa_d9.jpg

 ボディカラーは「アズーロ」「ロッソ」「アウリーノ」の3色。それぞれ、青、赤、ゴールドを意味するイタリア語。「ボディ形状だけでなく、カラーも斬新に」ということから選ばれた3色だ。

sa_d3.jpg
 着信ランプは端末上部に装備。「ポケットに入れても着信に気が付きやすいよう、この位置に」(説明員)


sa_d15.jpg
 ボディはツートン基調。ホールドしやすいように中央部にくぼみがある

スライドは2段階の「3WAY STYLE」。さまざまな機能と連動

 スライドボディの端末は、「ストレートと折りたたみの使い勝手を両立できる」ことから採用された。ただ、「それだけではつまらない。スライドを意味のあるものに」(説明員)という考えから、さまざまな機能をスライドに連動させている。

 その1つが「3WAY STYLE」と名付けられた、2段階のスライドスタイルだ。

sa_d1.jpg
 閉じた状態と、1段階、2段階にスライドさせたところ。閉じた際のサイズはpreminiより少し大きいくらいだ。液晶面は「高硬度UV加工処理」を施されており傷つきにくいという


sa_d2.jpg
 1段階スライドさせると、自分撮り用ミラーとカメラ、撮影補助用ライトが現れる。閉じた状態ではボディがこれらのパーツのカバーの役割を果たす

 ボディを1段階スライドさせると背面にカメラが現れて瞬時に起動。そのまますぐに写真やムービーの撮影が行える。「ボディがレンズカバーとカメラ起動の役割を備える」(説明員)。また、それほどカメラを使わない人のために、「スライドでのカメラ起動は、オフにも設定できる」(説明員)という。

 側面のカメラボタンや決定キーがシャッターになり、デジカメスタイルでもノーマルスタイルでも撮影が行える。「D506i」で採用された「音声シャッター」機能も備え(4月27日の記事参照)、好きな言葉でシャッターを切ることも可能だ。

 ボディを2段階スライドさせると、キーボードを使った操作を行う「ストレッチポジション」になる。D253iは閉じたままでも通話が可能だが、スライド操作でかかってきた電話に応答し、クローズで終話させることもできるのだ。

 また、閉じた状態でメールを閲覧している際、開くと相手のアドレス入り返信画面が表示される機能も備えている。

 本体側面には、閉じた状態で表に出ているボタンの誤動作を防ぐ「誤動作プロテクトキー」を搭載。このキーの解除は、本体をスライドさせる動作と連動しているため、いちいちロックの状態を気にせずボタン操作が行える。

sa_d5.jpg
 本体側面に、誤動作防止用のロックキーと赤外線ポートを装備


sa_d6.jpg
 横撮りスタイルでの撮影も想定している

最大60秒の動画撮影も

 カメラ機能は253iシリーズで唯一、動画撮影機能に対応。音声付きで最大60秒までのモーションJPEGを撮影でき(120×120ピクセル)、動画から任意の場面を静止画として切り出すことも可能だ。

 静止画の最大撮影サイズはVGA。どのサイズで撮影しても、添付可能なサイズに自動でリサイズする機能も備える。

 赤外線ポートは、外部メモリの搭載を見送ったために装備したという。「撮影した写真やメモリダイヤルなどのデータを、外に出す手段を用意しておきたかった」(説明員)。

 文字入力環境としては、「ATOK」のAI推測変換機能を搭載。絵文字の連続入力も可能となっている。

sa_d8.jpg
 メインメニューのほかに、必要最低限の機能を集めた「シンプルメニュー」と、よく使う機能を登録しておける「ジャンプメニュー」を利用できる。シンプルメニューは「でんわ」「メール」「カメラ」など、頻度が高いと想定される機能だけを大文字で表示する。ガイド表示機能にも力を入れており、たとえばシンプルメニュー設定時に不在着信があった場合、「留守番電話あり〜『1417』を押す〜留守番電話再生」などと表示する


sa_d17.jpg
 ダイヤルキーと方向キーの間が離れてしまうと文字入力がしにくくなるので、なるべく近づけるようレイアウトしたと説明員。方向キーやソフトキーの面は、なだらかな段差をつけて、文字入力の際に違和感なく使えるようにしたという。ただクリアキーの位置がイレギュラーな位置にあるので、操作に戸惑うユーザーもいるかもしれない。ちなみに閉じた状態でクリアキーを押すと画面メモにアクセスできる。「電車の乗り換え情報などを画面メモしておけば便利に使える」(説明員)
sa_d11.jpg
 3種類のゲームを内蔵。「暇つぶしに遊べる簡単なゲームが入っている」(説明員)


sa_d13.jpg
 左が静止画撮影画面、右がモーションJPEG撮影画面。静止画の撮影モードは11種類用意される
機種名 D253i
サイズ(幅×高さ×厚み) 96×47×24ミリ
重さ 96グラム
連続通話時間 約135分
連続待受時間 約520時間
カメラ 32万画素CCD
メインディスプレイ 176×240ピクセル 2.0インチ26万色TFD液晶
カラー アズ―ロ、ロッソ、アウリーノ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.