ニュース
» 2004年10月08日 15時21分 UPDATE

FeliCa Solutions Fair 2004:書留郵便からピザ宅配まで〜じわり広がるFeliCaの世界

10月6日、大崎ゲートシティで「FeliCa Solutions Fair 2004」が開催された。面白いソリューションが多く披露されていたので、いくつか紹介しよう。

[神尾寿,ITmedia]

 10月6日、大崎ゲートシティで「FeliCa Solutions Fair 2004」が開催された。「CEATEC JAPAN 2004」でも“おサイフケータイ”が多数展示されていたが、こちらは少し趣きが異なり、FeliCaカードやiモードFeliCa対応を考える事業者向けのイベントだ。そのため、FeliCaリーダーライターを使ったさまざまな機器が所狭しと展示されていた。

書留郵便を宅配ロッカーで受け取り可能に

 会場をぐるりと見渡して興味深いのは、POSレジなど「決済用途」のFeliCa対応機はもちろんだが、それ以上にFeliCaを「ユーザー認証」「セキュリティ鍵」として使う機器のブースが活況を呈していたこと。おサイフケータイはその名のせいで、サイフ=決済のイメージがつきまといがちであるが、気軽に使えて安全な「ユーザー認証キー」としての用途が有望なことが感じられた。

 代表的な例が、フルタイムシステムが展示した「フルタイムロッカー with FeliCa」だろう。これは最近のマンションによくある宅配ロッカーを、IT技術を用いて高度化したもの。携帯の液晶画面に表示させたバーコードやFeliCaカードなどを読み取らせて、解錠できる。むろん、最も手軽なのはおサイフケータイを使った場合である。

Photo フルタイムロッカー with FeliCa
Photo レシート発行口の横に、FeliCa読み取り部がある

 携帯電話の認証に4桁の暗証番号入力を組み合わせ、本人認証のレベルを強化するモードも用意していた。この2重認証により、郵政公社から「現金書留を除く書留郵便物の宅配ロッカーでの受け取り」をはじめて許可されたという。宅配ロッカーで書留郵便物が受け取れないことは、独身や共稼ぎ世帯の悩みのタネ。それを解決するという試みは非常に興味深い。

 「フルタイムロッカー with FeliCaは、宅配ロッカーのハイエンドモデル。FeliCa対応以外にもインターネット通販連携やクリーニング代行発注サービスなどがあり、かなり高機能になっている。価格は最も安いものでも120万円台と、設置初期費用がかかるが、分譲マンションや賃貸マンションの高級化、高付加価値化の中で、すでに多数の引き合いがある」(説明員)

コインパーキングのFeliCa対応は既定路線?

 コインパーキング事業者向けのFeliCa対応精算機の展示も、力が入っていた。こちらは三菱プレジョンと日本信号が展示しており、おサイフケータイでの支払いやゲート解錠のデモンストレーションを行っていた。

 三菱プレジョンのFeliCa精算機は、先日、パーク24の「タイムズドコモタワーサイド」(9月30日の記事参照)に導入されたものと同型機。駐車券を発券し、ゲート前で精算するタイプだ。電子マネー「Edy」での精算はもちろん、クレジットカードやポイントカードの利用ができるのがセールスポイントである。

Photo 三菱プレジョンのFeliCa精算機

 一方、日本信号のFeliCa対応精算機はクルマの下に設置するロックゲートを使うタイプ。街中のコインパーキングでよく使われているタイプである。こちらもパーク24が「タイムズ赤坂第12」でのFeliCa実験で使用している(5月18日の記事参照)

 精算機の導入コストが気になるが、「FeliCa対応部分のハードウェア価格だけ見れば、既存の精算機プラス10万円程度といったところ。しかし、アプリケーションの開発やセンターシステム側の対応が必要になる」(日本信号)。なお、電子マネーはアプリケーションレベルでEdyとSuica電子マネーのどちらにも対応できるとのことだった。

 取材では、パーク24以外の大手コインパーキング事業者がFeliCa対応精算機を導入するという話も聞くことができた。まだ公式発表していないため企業名は控えるが、コインパーキング事業者のFeliCa対応の流れは「いつ導入するか」という時期の違いこそあれ、ほぼ既定路線と言えそうだ。

FeliCa対応ハンディターミナルで宅配ビジネスが変わる

 コンシューマ向けとして、もうひとつ目を引かれたのが、デンソーウェーブが展示していたFeliCa対応のハンディターミナルだ。これは小型のハンディターミナルから、FeliCa端末の情報を読み取るもの。無線LANを搭載して屋内で利用するタイプと、Bluetoothを搭載して屋外で使用するタイプの2種類が展示されていた。

 中でも興味深かったのが、屋外で使用するほうのハンディターミナル。宅配便事業者や、デリバリーピザなどの宅配フードサービスでの利用が考えられている。例えばおサイフケータイなら、ユーザーに宅配ピザのFeliCa対応iアプリを「会員証」として持ってもらい、購入回数に応じた割引やiモード経由で電子クーポンの配信を行う。その上で、宅配員がFeliCa対応ハンディターミナルで情報を読み取る、といった使い方が考えられる。むろん、電子マネー決済もあるだろう。

Photo ハンディターミナルで、携帯のFeliCa情報を読み取る

 「屋外向けハンディターミナルは、センターとの通信が必要ならばBluetooth携帯と連携してその場で通信させることも可能。基本はFeliCaの通信記録を本体内に保存しておき、店舗に戻ったらバッチ処理でPOSレジに受信させるという利用方法を想定している」(説明員)

 デンソーウェーブのブースでは、ほかにもQRコードとFeliCa読み取りに対応した簡易端末などがあり、物販・物流分野でのFeliCa応用機器をアピールしていた。


 FeliCa Solutions Fair 2004では、今回紹介したFeliCa対応機以外にも、FeliCaカードのプリント機器や、オフィス向けのFeliCa電子ゲート、PCやFAX/コピー機用のFeliCa電子鍵など、さまざまなFeliCa応用機器が展示されていた。どのブースでも、必ずといっていいほどおサイフケータイによるデモが行われており、FeliCa携帯電話への期待感の高さが垣間見えた。

 NTTドコモの901iシリーズ、そして来年のau参入(9月28日の記事参照)でFeliCa携帯電話が普及すれば、決済やポイントサービスはもちろん、様々な分野で「ケータイをかざす」シーンが増えそうだ。

神尾寿――通信・ITSジャーナリスト

IT専門誌記者、大手携帯電話会社での嘱託コンサルタント業務を経て独立。通信およびITS分野のビジネスおよびニーズ分析を専門にする。IT専門誌、ビジネス誌から一般誌まで幅広く連載を持つ。IRI-コマース&テクノロジー社客員研究員。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)技術委員。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.