ニュース
» 2004年10月25日 20時35分 UPDATE

北米でGSM加入者が増加〜トレンドはEDGEとUMTS

CDMAが主流の北米で、GSM加入者が増加している。3Gへの移行にあたり、EDGEなどの高速通信技術を導入したことが普及を後押ししているという。

[末岡洋子,ITmedia]

 CDMAが主流の北米で、GSMが着実に契約数を伸ばしている。この1年でGSM加入者は、北米市場(米国・カナダ)で約85%増、ラテンアメリカで約192%増の拡大を見せたという。英ロンドンで開催された「UMTS Congress 2004」で講演に立った3G Americasの会長、クリス・ピアソン氏が、米国におけるCDMAとGSM/UMTS(UMTSは日本でいうW-CDMA、2003年3月の記事参照)動向について話した。

 携帯通信規格の歴史は、米国と欧州という地域の対立の歴史ともいえる。現在、標準の流れは欧州で誕生したGSM/UMTS、米国のCDMAの2つに集約しつつあり、それぞれが誕生の地で優勢を保っている。ピアソン氏が会長を務める3G Americasは、北米・ラテンアメリカを含むアメリカ地区でGSM/UMTSを推進する団体。CDMAが主流の米国におけるGSM/W-CDMAの進捗状況を紹介した同氏は、北米でのGSM普及について楽観的な見方を示した。

 「技術の競争だ」──と、ピアソン氏は繰り返し強調。今や技術がどこで生まれたのかではなく、技術そのものの戦いであり、技術力でGSMが選ばれている──というメッセージがこの言葉に込められている。

 「GSM加入者はこの1年、米国・カナダの北米市場で約85%、ラテンアメリカで約192%の増加率となった」とピアソン氏は胸を張る。米国では現在、T-Mobile、Cingular、AT&T WirelessらがGSMを提供している(AT&T Wirelessは、この2月にCingularに買収された、2月18日の記事参照)。CingularらTDMAオペレータが3Gへの移行パスとしてGSMを採用したことが、加入者増につながっていると見られる。

GSMの進化形、高速な「EDGE」が人気

 ピアソン氏がフォーカスするのが、GSMの後継にあたる通信方式のEDGE(用語参照)。最大データ伝送速度が384Kbpsと速く、2.75Gともいわれるデータ電送システムだ。現在、76カ国129のオペレータがEDGEを採用、あるいは採用を予定しており、米国ではCingular、AT&T Wirelessらがサービスを提供している。

 端末も、Nokiaなど大手端末メーカーが対応することで揃ってきており、中間層向け端末のほとんどがEDGEをサポートしているという。「当初予想した通り、弾みがついている。オペレータはUMTSへのスムーズな移行のための補完技術としてEDGEを捉えている」とピアソン氏は分析。3Gと併用して立ち上げるケースも多く、世界で27のオペレータがこの“ダブル戦略”を選択しているという。

sa_sue4.jpg
 米国でEDGEを提供中のオペレータ

CingularがHSDPAのトライアル、本サービスは2005年から2006年に

 第3世代となるUMTSサービスは、今年7月にAT&Tがサンフランシスコなど4都市で開始、さらに2都市を追加した6都市で展開している。Cingularは早くも3.5GといわれるUMTSの拡張版「HSDPA」(用語参照)のトライアルをアトランタで開始、「関係者を驚かせた」(ピアソン氏)。同社はHSDPAを使った3Gの本サービスを2005〜2006年に予定しているという。「HSDPAの商用サービスは、NTTドコモが第1号で(3月3日の記事参照)、第2号はCingularになると予想している」(ピアソン氏)

 “技術の戦い”という点では、下り最大14.4Mbpsを実現するHSDPAがUMTSの決定打になるとピアソン氏。「HSDPAがホームランになる」。

 なおPCが普及している米国では、“モバイル”といえば無線LANを連想することが多い。特にWiMAX(802.16e)(用語参照)は、移動しながらの通信を意識した規格で、携帯電話業界に影響を与えると予想されている。こうした疑問に対しピアソン氏は、「WiFi(802.11x)は補完の関係だが、WiMAXは対抗技術」という見解を示した。「WiMAXの概要がまだ定まっていないという点でわれわれがリードしている。セキュリティはUMTSの大きな強みとなる」。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.