ニュース
» 2005年01月06日 12時57分 UPDATE

日立、KDDIからEV-DO Rev.A基地局受注〜2GHz帯で展開

現行EV-DOの上位規格Revision AサービスをKDDIが予定。2GHz帯で2006年度全国展開の計画。

[斎藤健二,ITmedia]

 日立製作所はKDDIから、CDMA2000 1x EV-DOの新規格Revision A(Rev.A)に対応した基地局を受注したと発表した。2GHz帯サービスで利用される見込み。2006年度から全国展開される計画となっている。

 Rev.Aは2004年3月に制定された規格で、従来2.4Mbpsだった通信速度を、3.1Mbpsに高速化する。またマルチキャストサービスや、パケットの帯域保証(QoS)を実現する。

 KDDIは現在800MHz帯を中心に「CDMA 1X WIN」のサービス名でEV-DOサービスを提供中。2GHz帯でもEV-DOおよび音声のサービスを提供しているが、対応端末はカード型に限られている(2004年10月27日の記事参照)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.