ニュース
» 2005年01月24日 16時54分 UPDATE

preminiをブランド展開、さらなる追加機種も

3機種目の“premini”となる高機能機種「premini-II」を発表したNTTドコモ。今後、preminiをブランド名として幅広い機種をリリースしていく計画だ。

[斎藤健二,ITmedia]

 QVGA液晶やメガピクセルカメラ、アプリ機能を盛り込みながら97グラム、79ccという小型軽量サイズに抑えた「premini-II」。これまでの初代premini、premini-Sに続き3機種目のpreminiとなるが、ドコモはこれをシリーズ化していく計画だ。

 1月24日の発表会でも、premini-IIの“カジュアル版”に当たる機種をリリースする計画があることを明かした。

pnext.jpg 「今後も、このような位置に新しいpreminiを展開していくことを検討している」(プロダクト&サービス本部プロダクト部第二商品企画担当の中野正宏氏)

 カジュアル版のpreminiは、単にボディカラーや素材を変えるだけではなく、爪の長い女性の操作性なども考慮して、キー形状なども変更する可能性があるという。

 この“preminiブランドシリーズ”の位置づけは、「らくらくホンに近いシリーズ」。今回は「小型化などはPDC方式だからこそ実現した。PDCのよいところをまだまだ利用したいユーザーもいる」(中野氏)と話したが、らくらくホン同様、将来的にはFOMAモデルも展開していきたい意向だ。

 preminiブランドのアイデンティティは、「小型化と世界観、そして使いやすさ」(中野氏)。特にストレート形状にはこだわっておらず、サイズと使いやすさのバランスからこの形状に落ち着いたという。

 2004年7月に初代を発売して以来、preminiシリーズは計30万台強が販売された。いわゆる50xや90xシリーズとは違い「100万台とかそういう数字は取れていない」が、「preminiは、数字を取りに行く端末ではない。シリーズモデルではカバーしきれない部分を穴埋めして、ユーザー層を拡大するモデル」(中野氏)だとした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.