ニュース
» 2005年05月13日 17時32分 UPDATE

“preminiワールド”の完成──次はFOMA?

小型化と高機能化。ハードイメージとソフトイメージ。4種類のpreminiが登場し、マトリックスが完成した。ムーバ版preminiシリーズは、ひとまず完結する。

[斎藤健二,ITmedia]

 「preminiワールドが完成した」──。NTTドコモのプロダクト&サービス本部第二商品企画担当主査である竹原功祐氏は、5月13日の「premini-IIS」発表の意味をこう話した。

 premini-IISは、小型化と使いやすさの両立を目指してきたpremiiシリーズの第4弾となる。QVGA液晶、130万画素カメラといった基本的な機能はpremini-IIを引き継ぎ、カラーリングを変更した。

premini.jpg
とにかく小型軽量を追求した初代「premini」。そのバリエーションとして、ソフト路線を狙った「premini-S」。そして高機能化を進めた「premini-II」がこれまでに登場している。premini-IIのソフト路線であるpremini-IISが発表されたことで、商品マトリックスが埋まったことになる

ムーバでありながら大ヒットしたpreminiシリーズ

 ドコモの端末戦略は大きくFOMAにシフトしており、ユーザーの選択も「いま端末を換えるならFOMA」という意識が強くなってきている。自然と、ムーバ端末はメインストリームではなくニッチを狙った企画端末が増えた(1月25日の記事参照)

 台数を期待できない企画端末だが、preminiはシリーズ累計で約50万台を販売するというヒットとなる。「端末ラインアップがFOMA中心となるなか、『preminiがほしい』とムーバを選んでくれるお客様もいる」(竹原氏)

次のpreminiはFOMA?

premini0.jpg

 premini-IISの登場で、“premniワールドの完成”がうたわれたわけだが、今回がラストのpreminiなのだろうか。

 「この(preminiの)マトリックスは完成かなと思っている。しかしこれが最後というわけではなく、コンセプト1つ1つは、ほかの端末に生かしていくことになる」(竹原氏)

 さらに「preminiという名前が付く端末も出てくるかもしれない」と話し、FOMA版preminiについても「やりたい」と意気込みを話した。

 ただしpreminiの小ささは、成熟した2Gのプラットフォームだからこそ可能になった。FOMAでは技術的にまだ難しい部分もある。「次が出るとすればFOMAでしょうね。でも全然決まっていない」。会場の担当者はこう話した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.