ニュース
» 2005年06月21日 14時59分 UPDATE

ウィルコム、次世代PHSは2.0GHzで参入か

ウィルコムが総務省に2GHz帯の割り当てを希望すると一部マスコミが報道。ウィルコムでは「まだ最終決定していない」とコメントしている。

[ITmedia]

 ウィルコムが次世代PHSサービスの提供のため、総務省へ2.0GHzの割り当てを希望すると一部マスコミが報道した。

 これについてウィルコム広報部では「次世代PHS向けに新しい周波数が欲しいという話は社内でも出ており、2GHzの取得を検討しているのは事実。ただ、総務省に実際に申請するかどうか、最終決定はこれから」とコメントしている。

 総務省では6月3日に、移動体サービス向けに割り当てられる見込みの1.7GHz帯と2GHz帯について、1.7GHzを新規2社に、2GHzを別の新規1社に割り当てる方針を明らかにしている(6月3日の記事参照)。1.7GHzではソフトバンク系のBBモバイル、イー・アクセスが、2GHzではアイピーモバイルが割り当てを希望している。

 「2GHz帯はこれまで、3G携帯電話用のものとして総務省でも話が進んできており、PHSが含まれていなかった。次世代PHSのサービス提供には新しい周波数帯が必要、ということを総務省に伝える意見書を出す可能性は高いが、〆切は7月上旬ということでまだ最終決定はしていない」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.