ニュース
» 2005年08月24日 15時22分 UPDATE

ルネサス、W-CDMAのワンチップLSI出荷開始

ルネサス テクノロジはドコモと共同開発中のワンチップW-CDMAチップのサンプル出荷を開始した。

[斎藤健二,ITmedia]

 ルネサス テクノロジは8月24日、NTTドコモと共同開発したW-CDMAおよびGSM/GPRSに対応したワンチップLSIを、7月末からサンプル出荷開始したと発表した。2006年第2四半期から量産を始め、FOMA端末メーカーやGSM/GPRS端末メーカーに対して供給していく。

 現在のFOMA端末は、主にNEC製のW-CDMAチップと、アプリケーションプロセッサとしてTI製のOMAPを組み合わせた2CPU構成。一部端末にはさらにルネサスの「SH-Mobile」も搭載されている(7月13日の記事参照)。コスト削減や低消費電力を狙い、ドコモは半導体メーカーとワンチップ化を進めてきた(2004年7月12日の記事参照)。ルネサスのほか、TIもFOMA向けワンチップLSIの開発を進めている(2004年7月13日の記事参照)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.