ニュース
» 2005年12月21日 23時06分 UPDATE

「PINK M1000」を手に妖精スマイル──シャラポワが来日

「マリア・シャラポワ ジャパンツアー 2005」のため来日したテニス界の妖精、マリア・シャラポワ。モトローラ親善大使としてモバイルアトランティスを表敬訪問した。

[佐橋慶信,ITmedia]

 12月20日、200人以上のファンに囲まれ関西空港に降り立ったマリア・シャラポワが一夜明けた12月21日、NTTドコモ関西のショールーム「モバイルアトランティス」に登場した。Motorolaがシャラポワのワールドワイドスポンサーであることから、「モトローラ親善大使」として表敬訪問を行ったものだ。

 シャラポワと共に注目を集めたのが、特注の「PINK M1000」(12月14日の記事参照)。「マリア・シャラポワ ジャパンツアー 2005」のチャリティーオークションに出品された端末で、落札者への引き渡し直前まで、滞在中のシャラポワ選手が使い続ける。

 「ピンクは私の大好きな色」という通り、マリア・カラーに彩られたM1000をうれしそうにバッグから取り出すシャラポワ。今回はオークションの落札者に譲渡することになるが、PINK M1000に魅了されたシャラポワは手放したくない様子だった。

sa_m1.jpg
NTTドコモ関西の経営陣と記念撮影。左から代表取締役社長の有村正意氏、シャラポワ選手、副社長の西邑省三氏、取締役の石塚滋樹氏


sa_m2.jpg
モバイルアトランティス館内見学。携帯電話の歴史の説明では、旧式の携帯電話の重さに驚く


sa_m3.jpg
携帯電話のデジカメの前でポーズ。お気に入りの写真ができるまで、何度か撮り直すあたりにハイティーンの印象が残る。この写真は後で「プリクラ」風シールに


sa_m4.jpg
できあがったプリクラシール。ご本人はまだ物足りない様子だった


sa_m5.jpg
実際にM1000でシャラポワ公式サイトをブラウジング。実はシャラポワにとってこの日が初めてのM1000でのブラウジングだったようで、会話を忘れて熱中する一幕も


sa_m6.jpg
世界に1台のピンクのM1000。マリア・ピンクの樹脂加工、薔薇のフラワーペイントなどセレブなイメージとプロテニスプレーヤーとしての力強さを兼ね備えた1台。「サマンサタバサ」の専用携帯ケースも付属するという


sa_m7.jpg
報道陣に取り囲まれるシャラポワ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.