ニュース
» 2006年01月16日 16時27分 UPDATE

「P902i」で使える──A2DP対応のBluetoothヘッドセット「BT620s」

Jabra(ジャブラ)は、A2DPプロファイル対応のBluetoothヘッドセット「BT620s」を1月23日に発売する。A2DPプロファイル搭載端末「P902i」での動作確認済み。

[ITmedia]

 ヘッドセットメーカーのJabra(ジャブラ)は、A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)プロファイル対応のBluetoothヘッドセット「BT620s」を1月23日に発売する。希望小売価格は2万4800円。

sa_jabra.jpg
左がA2DPプロファイル対応のBluetoothヘッドセット「BT620s」。右が同じく1月23日発売のBluetooth 2.0+EDRに対応するステレオUSBアダプタ「A320s」(希望小売価格6800円)

 BT620sは、バージョン1.2のBluetoothに対応し、A2DP、AVRCP、ヘッドセット、ハンズフリー機能をサポートするBluetoothヘッドセット。一般的なBluetooth携帯電話のワイヤレスヘッドセットとして利用できるほか、「P902i」のようなA2DPプロファイル対応の携帯電話では、ヘッドセットに備えられたボタンで音楽関連の各種機能を操作できる。音楽を聴いていても音声通話着信時には電話モードに切り替わり、ヘッドセットのボタンを操作することで通話を行える。同社によれば、P902iでの動作は確認済みだという。

 最大連続通話時間は16時間(音楽ストリーミング利用時には14時間)、最大連続待ち受け時間は240時間。ヘッドセットには、同時にBluetooth機器2個を接続できる。

 Jabraは1月23日から、Bluetooth v2.0+EDRに対応するステレオUSBアダプタ「A320s」も発売する。A320sは、PCなどにBluetooth機能を付加し、ヘッドセット利用やファイル転送、データ同期、音楽のストリーミング視聴などを可能にするアダプタ。Bluetooth 2.0+EDRへの対応により、従来の約3倍の速度でのデータ転送を行える。BluetoothヘッドセットのBT620sと併用することで、スカイプなどのVoIPサービスも利用できる。

 いずれの製品も販売チャネルは全国のビックカメラ、ヨドバシカメラ、デオデオ、オートバックス(それぞれ一部地域・店舗を除く)、アマゾンドットコムなど。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.