ニュース
» 2006年01月17日 14時01分 UPDATE

名前は“金色”、FeliCaに対応〜「F702iD」

702iシリーズながら、FeliCaへの対応や、902i相当の500Kパワーアップiアプリ、PDF閲覧に対応。指紋センサーも備えた。カラー名称は、金色、花紅、真白、艶黒だ。

[ITmedia]

 NTTドコモは、クリエイターの平野敬子氏と工藤青石氏、それに富士通とのコラボレーションによる新機種「F702iD」を発表した。70xシリーズとしては初のiモードFeliCa対応「おサイフケータイ」となる。

Photo カラーは金色。そのほか花紅(はなくれない)真白(ましろ)艶黒(つやくろ)といったユニークな名前を持つ
f703.jpg 背面には液晶もカメラもないすっきりとしたデザイン

 デザイン面の特徴は、手になじむよう配慮した曲線的なフォルム。「ツインイルミネーション」を搭載しており、有機的な光を放つとうたう。カラーバリエーションは4色で、それぞれの端末カラーに合わせてコーディネートした待受画像をプリインストールしている。

 USBケーブルを同梱しており、PCと接続するとソフトが自動起動して電話帳データ・画像をバックアップできる。またメール機能では、圏内になると自動で未送信メールを送信する「圏内自動送信」機能などを備える。ケータイ初をうたう新機能「ライフスタイル設定」により、スケジュールと連動させてマナーモードや配色パターンを変更することも可能だ。

 FeliCa機能では、“F”シリーズ伝統の各種セキュリティ機能を装備。ICカードオートロック/ICカードロック解除予約機能に加え、開閉ロックを指紋認証で解除する機能も備える。ケータイクレジットブランドのiアプリ「iD」も初めてプリインストールした。

 iアプリは、合計のiアプリサイズが最大500kバイトに。PDFビューワも搭載しており、iモードサイトからPDFファイルをダウンロードして閲覧できる。日本語入力機能にはATOK+APOTを搭載している。

sa_f5.jpg
カメラは底面に装備。レンズの周りにマクロ切替スイッチがある


sa_f1.jpg


sa_f2.jpg


端末名 F702iD
サイズ 51×98×31ミリ
重さ 114グラム
連続通話時間 140分(テレビ電話80分)
連続待受時間 約430時間(静止時)、約300時間(移動時)
カメラ 有効128万画素CMOS 、インカメラ11万画素CMOS
メインディスプレイ 約26万色 QVGA 2.2インチTFT液晶
サブディスプレイ なし
外部メモリ なし
ボディカラー 金色(こんじき)花紅(はなくれない)真白(ましろ)艶黒(つやくろ)


新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.