ニュース
» 2006年01月17日 14時28分 UPDATE

プッシュトークとSD-Audio対応の軽量FOMA──「P702i」

「P702i」は70xi系端末では唯一、プッシュトークに対応。SD-Audioやワンプッシュオープンボタン、miniSDカードへのコンテンツ保存などの機能を備える。

[ITmedia]

 ドコモは、70xi系端末として初めてプッシュトークに対応する「P702i」を開発した。ボディカラーはSilvers、Bitter、Pinkの3色を用意する。メインターゲットは30〜40代の男女。

p702.jpg

 98グラムという折りたたみ型の軽量ボディに、プッシュトーク、SD-Audio(SD-Jukebox同梱)といった機能を搭載。ソフトのベースは「P902i」(説明員)だといい、P902iで改善されたソフトウェアの使い勝手をP702iに反映させたという印象だ。着うたや着モーション、iアプリをminiSDに保存する機能やSD-Audio機能は「P902i」と同等だという。

sa_p23.jpg
コンパクトなボディにP902i譲りの使いやすさを反映させた「P702i」。キーレイアウトもP902iと同じだ。日本語入力システムはAdvanced Wnn。キーレスポンスなどの操作感は、P902iに近い印象を受けた


sa_p24.jpg
メニュー画面も第二階層までがグラフィカルに(左、左中)。メインメニューで左上ソフトキーを押すと、必要最低限の機能のみが表示される「かんたんモード」になる(右中、右)


sa_p30.jpg
カメラはヒンジ部付近に装備。マクロ切替スイッチはメインディスプレイ下部にある。赤外線ポートと着信LEDは端末の先端部。着信LEDはP902i同様、未読メールや不在着信を知らせる機能はないという

 押すと端末が開くワンプッシュオープンボタンは、あらかじめ設定することで開くと同時に通話を開始できるほか、メール着信時には一覧を表示させることもできる。

 かんたんモードも装備され、必要最低限の機能に画面スクロールなしでアクセス可能。第三階層以降はテキストベースのメニューとなるが、ここでも必要最低限の機能のみが表示されるようになっている。

sa_p29.jpg
ワンプッシュオープンボタンは、あらかじめ設定することで、新着メールが届いたときに押すと、端末が開くと同時に新着メールが届いたフォルダ内のメール一覧を表示させることも可能になった


sa_p22.jpg
かんたんモードのユーザーインタフェース


sa_p31.jpg
70xiシリーズ初のプッシュトーク対応機。プッシュトークボタンはワンプッシュオープンボタンの下にある


sa_p1.jpg


sa_p2.jpg


機種名 P702i
サイズ(幅×高さ×厚み) 49×102×22ミリ
重さ 98グラム
連続通話時間 150分(テレビ電話:100分)
連続待受時間 500時間(静止時)、350時間(移動時)
アウトカメラ 有効125万画素νMaicovicon
インカメラ 有効11万画素CMOS
外部メモリ miniSD(別売)
メインディスプレイ 26万2144色2.2インチQVGA TFT液晶
サブディスプレイ 2色0.9インチ96×25ピクセル STN液晶
ボディカラー Silvers、Bitter、Pink


新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.