インタビュー
» 2006年07月18日 19時08分 UPDATE

ふとひらめいたガチャピンの“出っ歯”から (1/3)

ボーダフォン「705T」を“ガチャピンケータイ”に変身させる「ガチャピン変身キット」が登場する。ある社員のひらめきからはじまり、実際に形になってしまったガチャピン変身キット。どのようにひらめいたのか、どのように具体化していったのか、“ガチャピンケータイ”生みの親に話を聞いた。

[岩城俊介,ITmedia]
photo 705T ラッスルグリーン(左)とガチャピンケータイ(右)。蛍光灯がキャッチライトになって、なんだかうるうる泣いているように撮れてしまった。それほどまでに携帯に“顔”が浮かび上がる

 鮮やかなグリーン。裏面を見ると、あるところが“出っ歯”に見え、あのキャラクターがポンっと思い浮かんだ──。

 ボーダフォンの2006年夏モデル「705T」は、端末を閉じたまま一通りの音楽操作ができる「ミュージックコンソール」を搭載し、着うたフルに加え、音楽CDからリッピングしたMP3やAACデータの再生に対応する音楽ケータイだ。本体カラーのこだわりも特徴で、ファッションブランド“サマンサタバサ”とのコラボレーションによる「スプラッシュピンク」、ピアノのようなつややかな黒となる「アーバンブラック」のほか、“バブルガム”をイメージしたという鮮やかな緑「ラッスルグリーン」の3色で展開する。

 同社は、この「705T(ラッスルグリーン)」をガチャピンに変身させてしまう、「ガチャピン変身キット」を22日から配布するという。始まりは同社でセールスプロモーションを担当するある女性社員のふとした思いつき。「ガチャピン」が、ケータイとどのように結びついていったのか、“ガチャピンケータイ”生みの親、ボーダフォン 尾方えりか氏に話を聞いた。


「あ、これ、ガチャピン!」

photo “ガチャピンケータイ”生みの親 ボーダフォン マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション統括部 セールスプロモーショングループ 尾方えりか氏

 「ガチャピン」……この愛すべきキャラクターの存在感はすごい。この“ガチャピンケータイ”(正確にはガチャピン変身キット)を思いついたきっかけは何だったのか。

 「私はボーダフォンで、ショップの店頭に置く冊子など販促ツールの担当をしています。705Tが出るということで、発売前にあらかじめ新端末の情報が届き、それに基づいてどのような冊子にするかを決めていた時でした」(ボーダフォン マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション統括部 セールスプロモーショングループ 尾方えりか氏 以下、略)

 「705Tは、スプラッシュピンクとアーバンブラック、そしてラッスルグリーンの3色で展開する端末です。これはピンクで、それはブラック。……そしてこれがグリーンか。と最後にラッスルグリーンの端末を手に取り、裏面を見た瞬間、“ある顔”がポンっと思い浮かんだんです」

 705Tの裏面には、上部黒い部分の中央にカメラのレンズ、そしてステレオスピーカーが左右に配置され、レンズの真下にピクチャーライトがある。

 「裏面のピクチャーライトが“前歯”に、そしてスピーカーが“目”。顔が付いてるなぁ……とじっと見ていたら、“あ、これ、ガチャピン!”(笑)。色はぴったりだし、出っ歯だし。“絶対ガチャピン。誰がなんと言おうとガチャピン!”──確信しました」

 そう思いついた瞬間、コピー用紙の裏に目玉を筆ペン、おなかを蛍光ペンで描き、それをのり付け。“自作”ガチャピンケータイが誕生した。

photophoto 誕生直後の“自作”ガチャピンケータイ。ピクチャーライトの部分は見事に“出っ歯”にしか見えない(写真提供=尾方氏)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.