ニュース
» 2006年07月20日 17時42分 公開

ワイヤレスジャパン2006:HSDPA対応PCカード「M2501 HIGH-SPEED」のデモも──ドコモ

ドコモブースでは、HSDPAの下り最大3.6Mbpsという高速なデータ転送速度をPCでも活用できる、カード型端末「M2501 HIGH-SPEED」のデモも行っている。

[園部修,ITmedia]
Photo

 ワイヤレスジャパン2006のドコモブースでは、HSDPA対応端末「N902iX HIGH-SPEED」に加えて、モトローラ製のカード型端末「M2501 HIGH-SPEED」のデモも行っている。

 実際に動作する、試作機レベルのカードがPCに装着されており、来場者は自由にそのPCを操作してHSDPAの速度を体験できる。隣にはコンパクトフラッシュ型のパナソニックモバイル製カード型端末「P2403」を装着したPCもあり、FOMAの384kbpsとの違いが比較可能だ。

 ファイルのダウンロード速度を計測するサイトで、実際に速度を計測してみたところ、結果は1.13Mbpsと出た。「現在あまり調子がよくないのだが、いいときは2Mbpsくらいは出ていた」と説明員。デモに利用している端末がまだ最終版ではないうえ、HSDPA対応の基地局も試験用のものを利用しているということで、「製品のリリースまでにはまだチューニングなどを行うのでもう少し速くなる」(説明員)とのことだ。

PhotoPhoto 会場のデモでは約1.1〜2.0Mbpsくらいの転送速度が出ていた。従来のカード型FOMA端末P2403を装着したPCが隣にあり、速度の違いが体験できる

 なお、M2501 HIGH-SPEEDは、PCに装着してドライバをインストールするだけではHSDPAの恩恵は受けられないという。製品に付属する「FOMA PC設定ソフト」を使ってWindowsの通信設定(おそらくMTU値やRWIN値など)を最適化する必要があるほか、3.6Mbpsの高速通信に対応したアクセスポイントに接続しなくてはならない。「moperaのアクセスポイントは最大384kbpsまでしか対応していないため、3.6Mbpsで通信するにはMopera Uのアクセスポイントを利用する必要がある。ほかのプロバイダを利用する際も、3.6Mbpsに対応したアクセスポイントにダイヤルアップする必要があるが、M2501 HIGH-SPEEDが発売されていないため、プロバイダ各社がどういう対応をするか分からない」というから注意が必要だ。

 今夏から始まる予定のHSDPAサービスは、東京23区から順次展開すると発表されているが、当初のサービスエリアは国道16号線の内側くらいをカバーできる見通しだという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう