ニュース
» 2006年07月28日 21時28分 UPDATE

3キャリアで同じメールアドレスが使えるサービス――さくらインターネット

さくらインターネットとネプロアイティは、キャリアを問わずに同じメールアドレスが使える携帯メールアドレスポータビリティ化サービス「mym.sg」(マイメッセージ)を8月4日から開始する。

[ITmedia]
Photo 「mym.sg」

 さくらインターネットとネプロアイティは、キャリアを変えても同じメールアドレスが使える携帯メールアドレスポータビリティ化サービス「mym.sg」(マイメッセージ)のベーシックサービス(β版)を8月4日から開始すると発表した。利用料金は無料。

 マイメッセージは、“mym.sg”ドメインのメールアドレスを利用して、キャリアに依存せずに同一のメールアドレスを使い続けることができるサービス。番号ポータビリティに先立ち、携帯電話のメールアドレスについてもポータビリティを提供する。

 メールアドレスは“xx.mym.sg”(xxはサーバ名)ドメインで作成し、メールの送受信は3キャリアに対応する専用アプリかWebメーラーから行う。サーバ上に30Mバイトの保存領域を持ち、送受信したメールやアドレス帳、画像が保存可能だ。

 また、PC用のアプリケーションも用意し、PC上でメールを送受信したり、アドレス帳を編集したりできる。変換転送設定機能を使えば、mym.sgメールへの着信をキャリアのメールに通知でき、直接mym.sgメールを使用することもできる。また、携帯の標準メーラーからも、アドレスの末尾に“.1.t.mym.sg”を付けて送るとmym.sgのサービスが利用できる。

PhotoPhotoPhoto 携帯用アプリのアドレス帳(左)、受信箱(中央)、メール作成画面(右)

 秋からは拡張機能として、携帯電話で撮影した写真を公開しコメントや足跡を残すことができる「フレンズアルバム」機能を提供する予定だ。また、冬にはプレミアムサービスとして、複数のメールアドレスを追加できる「マイメアド追加」機能やサーバ名の入らない“mym.sg”ドメインのアドレスが作成できる「ショートメアド」サービス、サーバの容量を1Gバイトに拡張できる「保存容量追加」サービスを提供する。プレミアムサービスの料金は1サービスごとに100円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.