ニュース
» 2006年08月08日 12時46分 UPDATE

フルブラウザ「サイトスニーカー」がバージョンアップ──広告表示を廃止

ユビキタスエンターテインメントが、iモード向けフルブラウザアプリ「サイトスニーカー」をバージョンアップ。広告表示をなくしたほか、高速化、CSSフル対応を果たした。

[園部修,ITmedia]
Photo 「サイトスニーカー2.0」

 ユビキタスエンターテインメントは8月8日、ドコモ端末向けのフルブラウザアプリ「サイトスニーカー2.0」をリリースした。

 最大の特徴はCSSにフル対応したこと。またHTMLプロキシサーバを全面的にリニューアルして、前バージョンの「サイトスニーカー」から3〜5倍の高速化を果たしている。そのほか、従来はブラウザに広告を表示するシステムを採用していたが、今回のバージョンアップに合わせてバナー広告の表示はなくし、代わりにメールで広告を配信する仕様に変更している。

 サイトスニーカーは、最大3つまでのタブが開けるタブブラウザだ。ページを保存したり、待受画像にしたりできるほか、待受アプリに指定することもできる。PCのWebブラウザで表示しているページをQRコード化し、瞬時に携帯でアクセスできるようにする「QRコードジャンプ」というユニークな機能も持つ。

os_sneak.gif

 サイトスニーカー2.0を利用するには、同社が運営する「pease.jp」に会員登録する必要がある。登録料は無料だが、前述の通りメールで広告が配信される。対応機種はFOMA 9シリーズと7シリーズ。

 なお新サービスの提供開始に合わせて、2005年8月8日から提供していたサイトスニーカーのサービス(2005年8月8日の記事参照)は終了になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.