ニュース
» 2006年08月30日 14時29分 UPDATE

ドコモの三洋電機製端末2機種に不具合──ソフト更新を実施

ドコモの三洋電機製端末「キッズケータイSA800i」および「SA702i」に、一定期間電源オン状態下で一部機能のボタン操作を受け付けなくなる不具合が発生すると告知。ソフトウェア更新を実施する。

[岩城俊介,ITmedia]

 NTTドコモは8月30日、三洋電機製端末「キッズケータイSA800i」および「SA702i」の不具合を修正するソフトウェア更新を実施すると発表した。対象台数はキッズケータイSA800iが約22万1000台、SA702iが約2万6000台。

photophoto キッズケータイSA800i(左)、SA702i(右)

 不具合の内容は、電源オンのまま継続して50日経過すると、iモード・メールなどの機能が起動・画面変遷できずに電源ボタンおよびタスクメニューボタン以外の操作が行えなくなるというもの。同不具合が発生した場合、電源を一度オフにし、再度入れることで復帰できる。

 キッズケータイSA800i/SA702i共通で発生する不具合機能はメール、iモード、iアプリ。SA702iのみ文字リーダー、ナビゲーション、iチャネルの機能にも不具合が発生する。

 ソフトウェア更新期間は2006年8月30日から2007年8月31日。書き換えにキッズケータイSA800iは4分から9分程度、SA702iは3分から4分の時間を必要とする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.