ニュース
» 2006年10月18日 14時11分 UPDATE

ウィルコム、W-OAM対応「W-SIM」搭載の音声端末「9(nine)」を12月中旬発売

ウィルコムは10月18日に開幕した「WPC TOKYO 2006」のMobileXStyle!パビリオンで、WILLCOM SIM STYLEに対応したケーイーエス製の音声端末「9(nine)」を展示している。

[遠藤学,ITmedia]
photo ボディカラーはブラックとホワイトの2色を展開

 ウィルコムは10月18日に開幕した「WPC TOKYO 2006」のMobileXStyle!パビリオンで、WILLCOM SIM STYLEに対応した音声端末「9(nine)」を展示している。ケーイーエス製で、厚さ11.5ミリ、重さ約67グラム。挿抜可能な通信モジュール「W-SIM」に対応している。

 標準セットには高度化通信規格「W-OAM」対応の「W-SIM」が同梱されるため、対応エリア内であれば、4xパケット通信で最大204kbpsでブラウジングやメールを使用できるのが大きな特徴だ。

photo 30代の男女を中心とした成熟した(mature)大人をメインターゲットにしており、気取らないシンプルなデザインとなっている
photophoto W-OAM対応W-SIMのスロットは端末上部にある

photophoto USB充電用のスロットは左側面に用意されている
photo 右側面にはキーロックのスイッチがある

photophoto 「W-OAM」に対応したアルテル製のW-SIM「RX420AL」(写真左)や、SIM STYLE対応のハギワラシスコム製データ通信カード「WS008HA」(写真右)も展示されていた

 ディスプレイは2.0インチQVGA TFT液晶で、連続待受時間は約500時間、連続通話時間は約5.5時間となる。W-OAM対応W-SIM装着時のみの機能として、リモートロック、通話中着信通知に対応。モデム通信機能や国際ローミングには対応しておらず、メモリカードスロットやカメラは搭載されていない。

 なお、9(nine)は12月中旬の発売を予定している。新規価格はW-OAM対応W-SIM同梱セットが1万5500円、端末のみが2万円。W-OAM対応W-SIM単体での発売も行われ(10月18日の記事参照)、機種変更の価格は未定となっている。

製品名 9(nine、型番は「WS009KE」)
サイズ 40×124×11.5ミリ(突起部除く)
重さ 約67グラム(バッテリー装着時、W-SIM除く)
連続通話時間 約5.5時間
連続待ち受け時間 約500時間
カラーバリエーション ホワイト、ブラック
ディスプレイ 2.0インチQVGA TFT液晶
その他 Eメール、ライトメール、フルブラウザ(NetFront)、安全運転モード、留守番電話機能、停波モード、電卓機能、メモ帳機能、カレンダー機能、アラーム機能、予測変換、USB充電、リモートロック(※W-OAM対応W-SIM装着時のみ)、通話中着信通知(※W-OAM対応W-SIM装着時のみ)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.