ニュース
» 2006年11月01日 13時08分 UPDATE

シンプル端末「nico.」に抗菌モデル

ウィルコムはシンプル端末「nico.」の抗菌加工モデルを投入する。低電磁波、低SAR値となる特性と合わせ、医療・福祉機関などへの採用拡大を狙う。

[岩城俊介,ITmedia]
photo 「nico.」抗菌加工モデル。本体カラーはグレーを採用

 ウィルコムは11月1日、ネットインデックス製のW-SIM対応シンプル端末「nico.(WS005IN)」に抗菌加工を施したモデルを追加、11月下旬より発売する。

 nico.はW-SIMを採用する、メールと通話機能に特化したシンプルなストレート型端末。この抗菌加工モデルは、JIS Z 2801に準拠した抗菌処理が施される。PHSの低電磁波、低SAR値となる特性とあわせて、医療期間などでの利用に向く仕様となっている。

 同社は満60歳以上のユーザーや心身に障がいのあるユーザー、公的医療機関または医療法人職員の個人ユーザーを対象とする「ハートフルサポート」(ウィルコム定額プランを2900円から2200円に割り引き)や、社会福祉事業者や公的医療機関、医療法人などの法人を対象とする「医療福祉機関向け専用料金」(10台以上加入のウィルコム定額プランを2000円に割り引き)プランの訴求とともに、医療・福祉機関のほか、同一機器を使いながら利用者が変わることの多いビジネスシーンなどにおいて、さらなる市場開拓・拡大も狙う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.