レビュー
» 2006年11月02日 02時45分 UPDATE

903iの“ここ”が知りたい「N903i」編(1):microSDカードスロットはどこ?──「N903i」

N902iSのデザインを踏襲し、VGA+液晶ディスプレイや動画手ブレ補正を搭載した「N903i」。読者からは、外部メモリや端子の位置などN902iSとの違いについての質問が寄せられた。

[平賀洋一,ITmedia]
photophoto 高解像度のVGA+(480×690ピクセル)液晶ディスプレイを搭載したNEC製端末「N903i」

質問:外部メモリカードはmicroSDか? またカードスロットはどこか

 N903iは、外部メモリカードにmicroSDを採用する。NTTドコモが今回発表した903iシリーズ(ワンセグ・HSDPAモデルを除く)は、「SO903i」を除いて外部メモリはmicroSDとなった。microSDカードスロットは電池カバーを開けた内側に用意している。なお、microSDを採用するほかの903iシリーズでは、microSDスロットを本体側面に用意しており、電池カバー内にあるのはN903iだけとなる。

photophoto 電池カバーを外すとmicroSDカードスロットが現れる。FOMAカードとは違い、電池を外さなくても抜き差しできる場所にある

質問:充電端子や平型ヘッドフォン端子の位置はどこか

 N903iでは、従来機種で充電端子(外部接続端子)があった場所、端末のダイヤルキー側ボディの底面に平型ヘッドフォン端子を設置した。おそらくミュージックプレーヤー使用時のヘッドフォンケーブルの取り回しを考えてのことと思われる。

 逆に、従来機種で平型ヘッドフォン端子があった場所には、充電端子(外部接続端子)を備えている。

photophoto 充電端子は本体左側面に、平型ヘッドフォン端子は底面にある

質問:サブディスプレイを見ながらカメラ撮影は可能か

 N903iは「N902iS」同様、端末を閉じた状態でもサブディスプレイとアシストキーを使ってカメラ撮影が可能だ。またミュージックプレーヤー使用時に閉じると、サブディスプレイに再生状況を表示する。

 カラーバリエーションのジェットブラックでは、サブディスプレイのある部分が鏡面仕上げになっており、点灯状態で初めてサブディスプレイが浮かびあがる。しかし、閉じたままでカメラ撮影を行うと鏡面部分に自分が写り込み、ファンダーとしてはすこし使いにくい。

photophoto サブディスプレイによるカメラ撮影も健在だ
photophoto ジェットブラックでは自分の顔を見ながら撮影することに(左)。ミュージックプレーヤー使用時には、楽曲の再生状況を表示(右)

質問:データ容量はどれくらいか? スケジュールの登録件数は何件か。

 ユーザーが使用できるマイピクチャの空き容量は3600Kバイトで、N902iSと同じだ。また、スケジュールの登録可能件数も、スケジュール100件、休日登録100件、記念日登録100件と、N902iSと同じ仕様になっている。

photophoto マイピクチャの空き容量は3600Kバイト、スケジュールの登録可能件数は100件だ

※今回の検証は、発表会で展示されたデモ機で行っており、製品版では仕様が変わる可能性もあることをご了承いただきたい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.