ニュース
» 2007年02月02日 15時32分 公開

“ツーカーポイント”の利用、サービス終了まで継続──利用ポイント上限なしに

KDDIはツーカーユーザーがau移行時に利用できるツーカーポイントによる割引サービスをツーカーサービス終了まで継続。3月から利用できるポイントも“上限なし”に変更する。

[岩城俊介,ITmedia]
photo  

 KDDIは2月1日、ツーカーポイントの利用によるau携帯購入代金の値引きを行う現ツーカーユーザー向けのサービスを2008年3月31日まで継続すると発表した。

 加えて3月1日から、利用できるポイントの上限を従来の1万2600円分(税込み、以下同。ツーカー東京・関西:1万2000ポイント、ツーカー東海:600ポイント)から上限なしに変更。利用可能な単位も1050円分から525円分に引き下げる。

 この購入代金値引きサービスは2006年10月に開始。auサービスへの移行時における端末購入代金を、現ユーザーが得たポイント数に応じて割り引くというもの。

 2008年3月31日でサービスを終了するツーカー携帯電話サービスに伴い、同社は同一電話番号、同一Eメールアドレスで移行できるauへの契約変更をいっそう促したい考え。ツーカーの契約数は2006年12月現在で142万6500件(シェア1.5%)、同月の純減は18万2100となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう