ニュース
» 2007年03月16日 15時29分 UPDATE

ソフトバンクの“ほぼ全部入り”──「911T」、3月17日に発売

ワンセグ、3インチワイドVGA液晶、Bluetooth、HDSPAなど、主要な機能をほぼ搭載した東芝製のハイエンド端末「911T」が、3月17日に店頭に並ぶ。

[ITmedia]
photo

 ソフトバンクモバイルは3月16日、東芝製のW-CDMA端末「911T」を3月17日から全国一斉に販売開始すると発表した。

 911Tはワンセグ対応機ながら、厚さ約17.9ミリとスリムボディを実現したスライドモデル。ワイドVGA(480×800ピクセル)表示対応の3インチワイド液晶、A2DP対応のBluetooth、1Gバイトの内蔵メモリ、手ブレ補正機能付きの324万画素AFカメラ、S!FeliCaに加え、下り最大3.6Mbpsでの通信が可能なHDSPA規格「3Gハイスピード」に対応するなど、“ほぼ全部入り”のフル装備が魅力だ。

 また、Bluetooth機能を搭載するオークリー製のサングラス型イヤフォンレシーバー「O Rokr」をセットにした特別パッケージも用意。O Rokrを利用すれば、911TのA2DP+Bluetooth機能と連携してワイヤレスで音楽が楽しめる。911Tのボディカラーはブラック、シルバー、ホワイト、レッドの4色展開。

 主なスペックは以下の通り。

機種名 911T
サイズ(幅×高さ×厚み) 約51×112×17.9ミリ
重さ 約145グラム
連続通話時間 約140分
連続待受時間 約330時間
アウトカメラ 有効324万画素CMOS
インカメラ 有効32万画素CMOS
メインディスプレイ 3インチVGA液晶(480×800ピクセル)
サブディスプレイ
外部メモリ microSD(別売り/最大2Gバイト)
ボディカラー ブラック、シルバー、ホワイト、レッド

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.