ニュース
» 2007年05月22日 16時05分 UPDATE

今度の“P”は薄型スライドボディ、段差が少ない新機構──「810P」

パナソニック モバイルの国内向けモデルとしては初となるスライド端末が「810P」。スライド時の段差を極力少なくする新機構“フラットスライド”を採用し、厚さ12.9ミリの薄型ボディを実現した。

[岩城俊介,ITmedia]

 新機構“フラットスライド”を採用するパナソニック モバイルコミュニケーションズ製の国際ローミング対応端末が「810P」。パナソニック モバイルの国内向け端末としては初となるスライド機構を採用し、厚さ12.9ミリの薄型ボディを実現した。

photo
photo パナソニック モバイル製の「810P」。ターコイズ、ブロンズ、ブラック、ホワイト、ピンク、ブルー、レッドの7色を用意する

 U字型フレームを用いた新たなスライド機構で、ダイヤルキー面(下段)と十字キー面(上段)の段差を2.6ミリに抑えた。薄型ボディながらクリック感のあるダイヤルキーととともにストレート型端末のように操作できる。

 ディスプレイはQVGA(240×320ピクセル)表示対応の2.4インチTFT液晶で、有効200万画素のCMOSカメラを搭載。3GとGSMネットワークに対応し、海外でもそのまま利用できる。

 そのほかYahoo!mocoa、ライブモニター、アレンジメール、フィーリングメール、デルモジ、レコメール、S!タウンなどのサービスに対応し、Bluetooth(ちかチャット、ちかゲーム対応)、PCサイトブラウザ、ミュージックプレーヤー(着うたフル再生)、電子書籍ビューア(XMDF/Flash対応)などの機能を搭載する。

photophoto 新たなスライド機構の採用で、ディスプレイ面の十字キーとダイヤルキーの段差が他社スライド端末より大幅に少ないスタイルが特徴。その段差は約2.6ミリ
機種名 810P
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約51×109×12.9ミリ
重さ 約112グラム
連続通話時間 約180分(W-CDMA)、約180分(GSM)
連続待受時間 約350時間(W-CDMA)、約270時間(GSM)※静止状態
アウトカメラ 有効約200万画素CMOS
インカメラ 有効約11万画素CMOS
外部メモリ microSD(別売、最大2Gバイト)
メインディスプレイ 約2.4インチ(240×400ピクセル)26万色TFT液晶
サブディスプレイ
ボディカラー ターコイズ、ブラック、ブロンズ、ホワイト、ピンク、ブルー、レッド
新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


この記事に関連するキーワード

ソフトバンクモバイル


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.