ニュース
» 2007年08月08日 12時45分 UPDATE

ソフトバンクの外装交換サービス、割引適用は6カ月に1回までに

ソフトバンクモバイルは8月1日から、「スーパー安心パック」「ソフトバンクアフターサービス」を利用した外装交換(リニューアル)を6カ月に1回までに制限した。

[大滝啓也,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは8月1日から、「スーパー安心パック」「ソフトバンクアフターサービス」加入者に対する「WIDEメンテナンスサービス」のうち、外装交換(リニューアル)に関する適用条件を変更したことが分かった。

 WIDEメンテナンスサービスは、故障により修理が必要になった場合に、修理代金が割引になるサービス(水濡れおよび全損の場合は対象外)。月額498.75円の「スーパー安心パック」では100%の割引(ユーザー負担なし)、2006年10月25日に受付を終了した月額315円の「ソフトバンクアフターサービス」では90%の割引(ユーザー負担10%)が適用される。ちなみにスーパー安心パックは、外装交換や修理を依頼する直前に入会しても割引が適用される(ただし退会後6カ月間は再入会不可)。

 この修理代金のうち、従来は特に制限を設けていなかった外装交換(リニューアル)サービスについて、実施後6カ月間は、再度WIDEメンテナンスサービスを利用しての外装交換ができなくなった。つまり、WIDEメンテナンスサービスを利用して外装交換を行ったあと、6カ月以内に再度外装交換を申し込むと、割引は適用されず、実費での対応となる。ちなみに関東地方での外装交換料金は、PDC(2G)端末が4200円、3G端末は6300円。

 なお、外装交換以外の修理(内部修理)代金は、6カ月以内でも割引が適用される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.