ニュース
» 2007年09月14日 15時30分 UPDATE

「WX320K」「9(nine)」用アップデータが公開

ウィルコムの京セラ製端末「WX320K」と、ケーイーエス製端末「9(nine)」のファームウェアアップデートソフトが公開された。WX320Kは高速化サービスに対応し、9(nine)はライトメールの接続性が向上する。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 「WX320K」

 ウィルコムの京セラ製音声端末「WX320K」用と、ケーイーエス製のW-SIM端末「9(nine)」用のファームウェアアップデートソフトが9月13に公開された。

 京セラが公開したWX320K用のアップデートソフトには、ウィルコムが機能拡張した高速化サービスの対応と、端末を閉じると自動で操作ロックがかかるセキュリティ機能など、兄弟機「WX320KR」と同じ仕様になる内容が含まれている。

  • 高速化サービスの機能拡張に対応
  • 「ダイヤルロック」から「閉めるとロック」へセキュリティをバージョンアップ
  • コンテンツダイレクトアクセス機能を追加
  • データフォルダの一覧表示時のメニューに「繰り返し再生」機能を追加

 ソフト更新は端末から行うことができ、通信料は無料。所用時間はソフトのダウンロードに約5分(通信環境等により異なる)、端末内のソフト更新に約30分で合計35分程度かかる。

photo 「9(nine)」

 ケーイーエスが公開した9(nine)用のアップデートソフトには以下の内容が含まれる。なお、ファームウェアのバージョンは「V106」で、ファイル容量は約12.2Mバイト。

  • RX410IN、RX420IN使用時のライトメールの接続性を向上
  • Web用絵文字を標準化

 ソフト更新は端末単体ではできず、Windows Vista/XP/2000 Professionalを搭載したPCが必要。PCと端末をUSB接続し、ダウンロードしたアップデータを実行する。

関連キーワード

9(nine) | 京セラ | ウィルコム | RX420IN | WX320KR | W-SIM


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.