ニュース
» 2007年09月20日 22時28分 UPDATE

3G導入初期の3機種、2008年以降の利用が不可能に──ソフトバンクモバイル

ソフトバンクモバイルは、W-CDMA導入初期にリリースした3G端末3機種が、2008年以降利用できなくなると発表した。ネットワークに導入する新たなソフトウェアに端末が対応できないため。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、W-CDMA導入初期にリリースされた3G端末3機種が、2008年以降利用できなくなると発表した。使えなくなるのはノキア製の「V-NM701」、三洋電機製の「V801SA」、NECの「V-N701」の3モデル。

Photo 2008年1月から日本国内で利用できなくなる3G端末。左から「V-N701」「V-NM701」「V801SA」

 具体的にはV-N701は10月中旬以降、一部地域でネットワークに接続できなくなり、2008年1月以降は3機種とも日本国内の全地域で通話、メール、Webが利用できなくなる。

 ソフトバンクモバイルでは、2007年12月末までにネットワークに新たなソフトウェアを導入するなど設備の拡張を進めており、上記の3端末は新たなソフトウェアには対応できないことが判明。当該端末の利用者にはダイレクトメールなどで通知の上、機種変更を促すという。3端末の利用者は、ソフトバンクモバイルが指定した代替機種と無料で交換できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.