ニュース
» 2007年09月21日 16時04分 UPDATE

アーティストが“ドコモダケ”を料理──ニューヨークでアート展

写真家、画家、ジュエリーアーティスト、イラストレーター、オブジェ作家、和菓子屋、書道家、切り絵作家……。総勢16アーティストが“ドコモダケ”を料理する。

[ITmedia]

 ドコモダケがニューヨークのアートシーンにデビュー──。NTTドコモが“ドコモダケ”がテーマのアート展「HOW TO COOK DOCOMODAKE?」を開催する。場所はニューヨークの201 Mulberry St.で、期間は10月19日から28日まで。

Photo 次世代を担うクリエーターたちが自由な発想でドコモダケを料理。彼らが自慢の腕をふるった、いろいろな味の「きのこ料理」(アート作品)を楽しめるアート展になるという。村上隆氏が主催するGEISAI出身の松井えり菜氏、画家の古武家賢太郎氏、イラストレーターの黒田潔氏など16アーティストが参加

 ドコモダケは2005年1月に、ドコモの広告キャラクターとして誕生。ドコモのファミリー系サービスのテレビCMなどに登場して注目を集め、人気キャラクターに成長した。

 アート展は、「ドコモダケの魅力を違う観点から伝える」という試みで、写真家、画家、ジュエリーアーティスト、イラストレーター、オブジェ作家、和菓子屋、書道家、切り絵作家など総勢16アーティストが“ドコモダケ”を題材とした作品を展示する。

 ドコモでは、「新しいものを受け入れ、情報を発信するニューヨークでまずは展示を行い、反響をみながら日本での展示も検討する」としている。

sa_docoa02.jpgPhoto 過激に料理されるドコモダケ。左は松井えり菜氏、右はえぐちりか氏の作品

sa_docoa03.jpgsa_docoa04.jpgPhoto 左からKYOTARO氏、黒田潔氏、アンリアレイジの作品

関連キーワード

ドコモダケ | NTTドコモ | 広告


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.