速報
» 2007年11月07日 23時14分 UPDATE

ソフィアシステムズ、Windows Mobile搭載機器開発を支援──開発プラットフォームにWindows Mobileを搭載

[ITmedia]

 ソフィアシステムズは11月7日、Intrinsyc Software Internationalとともに日本市場におけるWindows Mobile搭載機器開発を支援すると発表した。

 ソフィアは、マーベル製PXA310プロセッサ624メガヘルツを搭載し、開発に必要なハードウェアやソフトウェアを標準で装備する携帯情報端末/IP電話向け開発プラットフォーム「Sandgate III-P」を提供しており、OS移植、BSP提供のほか、各種ミドルウェア、搭載部品のドライバなどを一貫して提供している。

 今回、Windows Mobileの開発支援で実績のあるIntrinsycと技術提携し、同プラットフォームにWindows Mobileを搭載した。OSの選択肢を増強することで、日本市場におけるWindows Mobile搭載機器の開発支援を行う。

 同社は11月14日からパシフィコ横浜で開催される組込み総合技術展「Embedded Technology 2007」の同社ブースで、Windows Mobile搭載のSandgate III-Pを参考出品するほか、Intrinsycの取り組みについて紹介する。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.