ニュース
» 2007年11月12日 12時37分 UPDATE

「ディズニー・モバイル」、2008年開始──ソフトバンクと協業

ディズニーがソフトバンクモバイルのMVNOとして携帯電話事業に乗り出す。単なるMVNOではなく、両社のネットワークや販売網、ブランドやエンタテインメント資産などを融合して展開。2008年春に開始する予定。

[岩城俊介,ITmedia]
photo ソフトバンクの孫正義社長

 ウォルト・ディズニー・ジャパンは11月12日、ソフトバンクモバイルと協業でディズニーの携帯電話事業「ディズニー・モバイル」を2008年春に開始すると発表。同日、移動体通信事業サービス提供に関する電気通信事業の届出を総務省に行った。

 両社は互いの強みをいかし、端末や各種サービス、コンテンツの開発、マーケティング、実サービスの提供などで協力しあう。回線のみを使用するソフトバンクモバイルの単なるMNVO(仮想移動体通信事業者)ではなく、協業という形態で推進する考え。

 ソフトバンクモバイルの通信ネットワークや販売ネットワーク、技術、コンシューマサービス、そしてディズニーの持つブランドやエンタテインメント資産、クリエイティビティなどを融合し、これまでにない携帯電話サービスの提供を目指す。

 ソフトバンクモバイルは2007年冬モデルで“PREMIUM”と“キャラケー”を打ち出している。ハローキティやスヌーピー、シャアなど「コアなファンを狙い撃つ」(孫社長)コラボレーションモデルを多数投入する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.