ニュース
» 2007年11月15日 13時45分 UPDATE

携帯アクセサリーやPCソフトの新ブランド「SoftBank SELECTION」発表

ソフトバンクBBは11月15日、携帯アクセサリーやPC向けソフトウェアを中心とした、“ソフトバンクグループが提供する各種サービスをもっと使いやすくするアイテム”「SoftBank SELECTION」を発表した。

[園部修,ITmedia]
Logo

 ソフトバンクBBは11月15日、厳選した携帯向けのアクセサリーやPC用ソフトウェアを中心に、“ソフトバンクグループが提供する各種サービスをもっと使いやすくするアイテム”と銘打った「SoftBank SELECTION」を発表した。11月30日から販売を開始する。

 microSDメモリーカードやBluetoothヘッドセット、イヤフォンなどの携帯電話用のアクセサリーは、すでに6月から一部のソフトバンクショップなどで展開し始めているが、11月30日から充電用ケーブルやUSB接続ケーブルなど、一気に50製品をラインアップし、ソフトバンクBBと代理店契約を結んでいるソフトバンクショップ(当初は240店舗)や一部家電量販店で発売する。

 テストマーケティング時には、携帯契約者の約40%が携帯電話用の外部メモリを同時に購入していたとのことで、便利に使える製品群を全国のソフトバンクショップや家電量販店、携帯ショップなどに順次展開していく。

 なおSoftBank SELECTIONブランドのアクセサリーは、ソフトバンク携帯向けの純正オプションという位置づけではなく、あくまでも端末の機能を補完するものとしてSoftBank SELECTIONで商品企画したものとなる。ソフトバンクモバイルからは、技術・品質面でアドバイスを受ける。

 PC用ソフトは、内容と品質にこだわったラインアップをセレクト。ウイルス対策、画像編集、ビデオ編集、名刺作成、英語学習、囲碁、将棋など、定番のソフトウェアを分かりやすいパッケージに収めて販売する。販売開始は11月30日からで、年内には15タイトルをそろえる予定だ。

 ソフトウェアはソフトバンクBBがブランド管理と企画を行い、ソフトバンクBBの子会社BBソフトサービスが製品の製造と販売を担当。ソフトメーカーは製品開発に専念できる体制を築く。サポートは年中無休でYahoo! BBのサポートなども行っているコールセンターが受け持つ。なおコールセンターなどで受けた、製品に対する苦情や要望はソフトメーカーにフィードバックし、次期製品などに可能な限り反映させていく。

 ソフトバンクBBでは、かゆいところに手が届くような製品をラインアップしていきたいとしている。

PhotoPhoto 左が携帯電話関連アクセサリー、右がPC用ソフト。携帯アクセサリーには「MicroSD 1GB」(3980円)、「パーフェクトガード 上下左右3インチ」(780円)、「モノラルBLUETOOTHヘッドセット SBS-BT125」(3480円)などが用意される。PCソフトは「Trend アンチウイルス+スパイウェア」(2980円)、「えいご道場」(3780円)、「おまかせモード」(6980円)、「AI将棋 GOLD 2 for Windows」(1980円)などがラインアップされている。いずれも黒を基調とした独自のパッケージングを採用し、「SoftBank SELECTION」のロゴが付く
PhotoPhoto SoftBank SELECTIONは、専用の陳列器具を用意して店頭に展開する。左が携帯アクセサリーの実際の販売イメージ、右がソフトウェアの展開イメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.