レビュー
» 2007年11月19日 00時10分 UPDATE

海外で人気のchocolateブランド、「L704i」の実力を試す(前編)

海外で人気を博しているLG電子のchocolateブランドを日本で展開したのが、ドコモの「L704i」。フラットでつややかなボディを持つこの端末の使い勝手はどうなのか。前編と後編の2回に分けてチェックする。

[坪山博貴,ITmedia]

 LG電子が海外展開して大きな成功を収めたのが、chocolateブランドの携帯電話。スライドボディのフロント部はフラットでつややかな質感を持ち、タッチパッドのソフトキーに触れると光る赤色LEDが印象的な端末だ。このchocolateを日本で展開したのがドコモの「L704i」だ。LG電子はこれまで、日本市場向けにSIMPUREシリーズを投入しているが、70xiシリーズなどのメインストリーム端末を投入するのはL704iが初となる。

 704iシリーズで唯一、下り3.6MbpsのFOMAハイスピード(HSDPA)に対応し、音楽番組のプッシュ配信サービス「ミュージックチャネル」も利用可能。また国際ローミングは3G/GSMに対応し、海外での利用に幅広く対応する。ただし、日本のトレンドサービスであるおサイフケータイやメガiアプリには非対応となる。

 メニュー構成は国内メーカー製のFOMA端末と変わらず、FOMAプラスエリア(800MHz)にも対応するなど、日本のユーザーでも違和感なく使える端末に仕上がっている。

 

sa_l01.jpgsa_l02.jpgPhoto スライドボディの「L704i」。閉じた状態では一枚板のようにフラットだ。ダイヤルキーにはフレームレスタイプのキーを採用。カメラを搭載する底面もほぼフラットに仕上げるなど、chocolateの持つ世界観の統一が徹底している

 ボディ形状はスライド型で、閉じた状態のフロント部はフルフラット。ディスプレイ側に装備する十字キーなどはタッチセンサーになっており、窪んでいるのはスピーカー部くらいだ。

sa_l04.jpgPhoto 折りたたみ型の「P902i」と比較したところ。L704iは48ミリと幅が狭いためか、手に持つとすっきり収まり、コンパクトな印象だ

タッチセンサーの使い勝手は

 L704iの大きな特徴といえるのが、メインディスプレイ下部にあるタッチセンサー。十字キーと決定キー、左右のソフトキー、発話キー、クリアキーがタッチセンサーになっている。

 表に出ているキー類の配置は、一般的な日本メーカー製のスライド端末とは異なる。一般的なスライドケータイで終話キーがある位置には「クリア/戻る」キーがあり、電源キーを兼ねる終話キーは右側面にある。この配置は終話キーの誤操作や、タッチセンサ部分に多数のキーを置くと操作がシビアになることに配慮したためと思われる。

 通話時以外では、終話キーとクリアキーの機能は似たところがあるので、意外と違和感はなかった。例えば、アドレス帳の一覧画面からは終話キーでもクリアキーでも待受画面に戻れる。

 終話キーは、端末側面の中央付近にレイアウトされ、左手で持てば中指で、右手で持てば親指で比較的容易に操作できる。日本の一般的な端末とは位置が異なるため、最初はとまどうかもしれないが、慣れればさほど不便を感じさせないであろう絶妙な位置にある。

sa_l06.jpgPhoto ディスプレイ側の操作部は赤色に浮かび上がる。各キーの間隔は広めに確保されている(左)。終話ボタンは右側面のほぼ中央にあり、慣れれば操作しやすい(右)

 タッチセンサーの操作は確認音のほか、バイブレーションで触れたことが分かる。タッチセンサーの感度は調整可能で、筆者の場合は「標準」より「低」に切り替えた方が快適に利用できた。

sa_l08.jpgPhoto タッチパッド設定でバイブレータ連動のオン/オフとタッチパッドの感度を設定できる

 タッチセンサーが苦手とするのは、メニュー操作や候補選択、スクロール時などの方向キーの連続打鍵。物理スイッチキーのようには操作にリニアに反応せず、少々いらいらすることもあった。押しっぱなしにすればキーリピートするが、これもあまり速いわけではなく、調整もできない。ダイヤルキーでショートカットできる操作は、これを活用した方がスマートだ。感度と同時にキーリピートの設定もできれば、さらに使い勝手がよくなっただろう。

 後編では、音楽プレーヤー機能や文字入力、ユーザーインタフェースについてチェックする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.