ニュース
» 2007年12月18日 17時24分 UPDATE

NTTドコモのPC向け定額データ通信、VPN接続が可能に

 NTTドコモは12月21日から、PC向けの定額データ通信サービス「定額データプラン」にて、VPN接続も利用できるようにすると発表した。現在はメールやWebなどに限られているが、SSL-VPN、IPsec、PPTPも利用できるようになる。

[ITmedia]

 NTTドコモは12月21日から、PC向けの定額データ通信サービスにおいてVPN接続も利用できるようにすると発表した。対象になるのは「定額データプラン HIGH-SPEED」と「定額データプラン 64K」。現在はメールやWebなどの利用に限られている。

 定額データプランは、携帯電話からの利用とは異なり、PCでの利用が前提であるためファイルのダウンロードや動画の再生で多くのトラフィックが発生し、ネットワークのキャパシティを圧迫するおそれがある。これを防ぐため、メールやWebなど一部のサービスしか利用できないように制限されており、VPN接続も利用できない。

 しかし、法人での需要が高いVPNを考慮し、SSL-VPN、IPsec、PPTPでのVPN接続も利用できるように変更する。なお、ユーザー側で設定を変更する必要はない。

 これに合わせて、定額データプランに対応した法人向けのインターネット接続サービス「mopera」に、VPNの利用に限定したメニュー「ビジネスmoperaインターネット(HIGH-SPEED)VPN限定タイプ」(月額630円)と「ビジネスmoperaインターネット(64K)VPN限定タイプ」(月額315円)を追加する。

関連キーワード

PCデータ定額 | VPN | NTTドコモ | データ通信


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.