ニュース
» 2008年01月16日 15時41分 UPDATE

ドコモの「バリュープラン」200万契約を突破

NTTドコモの新販売制度「バリューコース」で契約できる料金制度「バリュープラン」の契約数が、200万件を突破した。新制度の開始から約7週間、100万件突破から1カ月での達成となった。

[平賀洋一,ITmedia]
「バリュープラン」契約数の推移
日付 契約数
2007年11月26日 提供開始
2007年12月5日 50万契約を突破
2007年12月16日 100万契約を突破
2008年1月15日 200万契約を突破

 NTTドコモは1月16日、「バリュープラン」の契約数が1月15日に200万契約を突破したと発表した。2007年11月26日の提供開始から約7週間、12月16日の100万件突破からちょうど1カ月で達成した。

 バリュープランはバリューコース選択時に契約する料金制度で、従来の月額基本使用料から1680円割り引きとなるプラン。2007年11月下旬から始まったドコモの新たな販売方法は905iシリーズ以降の端末で利用でき、「バリューコース」と「ベーシックコース」の2コースが用意される。

 バリューコースは端末料金を一括または割賦払いで購入して、月額料金の割り引きが受けられるもの。一方のベーシックコースは、同一端末を2年間利用することを条件に端末の購入価格を割り引く方法。バリューコースの端末価格はベーシックコースより高くなるが、頭金0円の割賦払いができるため負担感が少なく、バリュープランにより月額料金も下がるため人気だという。

 905iシリーズ購入者の9割以上がバリューコースを選択していることから、ドコモは今後発売される705iシリーズにおいてもバリュープランの契約数が順調に延びていくと見込んでいる。

関連キーワード

NTTドコモ | 905iシリーズ | 705iシリーズ | FOMA


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.