調査リポート
» 2008年01月22日 22時45分 UPDATE

ケータイは「メールするための道具」と考える人が8割

ネットエイジアが「ケータイとライフスタイル」に関する調査結果を発表。「ケータイは何のための道具か」という質問で最も多かった回答は「メールするための道具」で、約8割を占めた。

[ITmedia]

 ネットエイジアは1月22日、「ケータイとライフスタイル」についての自主調査の結果を発表した。調査は1月7日から10日まで、15歳から39歳のケータイユーザーを対象に行ったもので、回答サンプル数は300名。

 同調査によれば、PHSを含むケータイを初めて所有した年代は、「16歳〜18歳」が32.7%で最多。以下「19歳〜24歳」が35.7%、「13歳〜15歳」が13%、「25歳〜29歳」が9%と続いた。

 初めてケータイを所有した年代は、回答者の年齢により特徴が見られる。10代の回答者では、中学生の年代にあたる「13歳〜15歳」でケータイを所有したという回答が58.3%で、それ以前も含め中学生までにケータイを所有した割合は66.7%を占めている。また20代前半、20代後半ともに「16歳〜18歳」との回答が多く、それぞれ46.1%、50%となった。30代前半では「19〜24歳」で所有している割合が74%だった。

 初めて所有したのが「携帯電話かPHSか」という質問に対して、「携帯電話」が81.7%と多数を占めた。年代別では、10代回答者の「PHS」という回答は4.2%、20代前半は10.5%、20代後半は24%、30代は22%となっている。

 「ケータイといえば自分にとって何のための道具か?」という質問を、複数回答形式で聞いたところ、最も多かった回答は「メールするための道具」で80.3%。2位は「話すための道具」で68%となり、以下、「コミュニケーションするための道具」が53.3%、「遊びができる道具」が40.3%、「生活するため、絶対なくてはならない道具」が27%、「仕事で必要な道具」が26%と並んだ。

 この質問を、最も当てはまるもののみの単一回答で聞くと、トップは複数回答と同様「メールするための道具」で31.7%、2位は「コミュニケーションするための道具」で24%、3位が「話すための道具」で18%だった。

 年代別に見ると、10代の回答者では「メールするための道具」が37.5%、「コミュニケーションするための道具」が25%、「遊びができる道具」が12.5%で上位を占めた。20代前半では「メールするための道具」が39.5%、「コミュニケーションするための道具」が27.6%、「話すための道具」が10.5%、「遊びができる道具」が9.2%となっている。

 また30代では「メールするための道具」と「話すための道具」が同率で23%、「コミュニケーションするための道具」が20%となり、「仕事で必要な道具」「生活するために絶対なくてはならない道具」という回答も他の年代に比べて多く、各9%となった。

 「ケータイ」「パソコン」「ゲーム機」「テレビ」のうち、取り上げられたら一番困ると思う機器は、「ケータイ」が56%で最も多く、「テレビ」が22.7%、「パソコン」が20.3%、「ゲーム機」が1%という順だった。

 年代別に見ると、10代では「ケータイ」と回答した比率が70.8%で他の年代に比べ高く、「パソコン」が20.8%、「テレビ」は8%だった。20代では「ケータイ」が52.8%、「パソコン」が23.9%、30代では「ケータイ」が58%、「テレビ」が26%となっている。

関連キーワード

コミュニケーション | PHS | 中高生


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.