ニュース
» 2008年02月01日 19時09分 UPDATE

auのKCP+端末「W56T」「W54S」、関東地区は2月3日に発売

auのKCP+端末「W56T」と「W54S」について、関東地区の発売が2月3日に決まった。沖縄ではすでに販売を開始しているが、ほかの地域については引き続き調整中だ。

[安達崇徳,ITmedia]
photo 「W56T」と「W54S」

 一旦発売が延期された、auの「W56T」と「W54S」の関東地区での発売日が2月3日に決まったことが2月1日、分かった。

 W56TとW54Sは、1月28日に2月1日から全国一斉に販売を開始すると発表したものの、1月30日には沖縄以外の日程を再調整していた。今回、決まったのは関東地区のみの発売日で、関東と沖縄地区以外は引き続き調整中(KDDI広報部)としている。

 W56TとW54Sは、共通プラットフォーム「KCP+」を採用した端末で、待受画面にさまざまなツールが表示できる「auガジェット」、2つの機能が同時に使える「マルチプレイウィンドウ」などの新機能を搭載した端末。2007年冬商戦向けとして発売する予定だったが、KCP+端末の開発の遅れにより2008年に延期になった。

関連キーワード

W56T | W54S | au | KCP+


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう