ニュース
» 2008年02月04日 15時02分 UPDATE

富士通製「F884i」がJATE通過──HSDPA対応の次期らくらくホンか

富士通製のFOMA端末「F884i」がJATEを通過した。型番ルールかららくらくホンシリーズの新機種と思われ、認定番号からHSDPA対応端末として登場すると予想される。

[岩城俊介,ITmedia]

 富士通製のドコモ向け端末と思われる「F884i」がJATE(電気通信端末機器審査協会)を通過した。

 F884iは2008年1月15日に認定。認定番号は「AD07-0558001」で、“AD-”から始まるHDSPA対応機種に与えられるものとなっている。

 ドコモ端末における88xの型番は主に、ユニバーサル携帯「らくらくホン」シリーズに与えられる。過去に発売した端末は、F883iESが「らくらくホンIV」(2007年8月発売)、F883iが「らくらくホンベーシック」(2007年4月発売)、F882iESが「FOMAらくらくホンIII」(2006年9月発売)、F881iESが「FOMAらくらくホンII」(2005年8月発売)。F884iはその型番命名ルールから、「らくらくホンベーシック」の後継か、「らくらくホンIV」の次期モデルと予想される。

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.