ニュース
» 2008年03月07日 06時43分 UPDATE

Apple、SDKを含む「iPhone 2.0」β版を発表

AppleはiPhone向けSDKと開発者プログラム、アプリケーションを安全にオンライン販売するための「App Store」を発表した。

[ITmedia]

 米Appleは3月6日、6月に正式版のリリースが予定されている「iPhone 2.0」のβ版を、一部の開発者と企業顧客向けにリリースすると発表した。iPhone 2.0のβ版は、iPhoneソフトウェア開発キット(SDK)に加え、データ同期サービスのMicrosoft Exchange ActiveSync、暗号化技術のCisco IPsec VPNなど、企業ユーザー向けサービスをサポートする機能を含んでいる。

 iPhone SDKは、iPhoneおよびiPod touch向けのアプリケーションを開発するためのiPhone OS APIと各種ツールを提供する。iPhone SDKのβ版は全世界で無償でダウンロードでき、Mac上で動くiPhone Simulatorで動作させることができる。

 またAppleは同日、開発者プログラム「iPhone Developer Program」の立ち上げと、ユーザーがサードパーティー製アプリケーションをiPhoneおよびiPod touchで検索したり直接ダウンロード購入できるアプリケーション「App Store」を発表した。

 App Storeでは、開発者は自分のアプリケーションの価格を自由に設定(無料を含む)でき、売り上げの70%を得ることができる。企業ユーザーは自社の従業員のみがアクセスできるセキュアなダウンロード用ページをApp Store内に設置することができる。App Storeにアプリケーションを掲載するには、Appleの認可が必要。

 iPhone SDKは、β版の段階ではiPhone Developer Programに参加し、ソースコードを入手して実験できるのは一部の開発者のみとなる。開発者プログラムのメンバーには2種類あり、「Standard Program」は年間99ドルで、iPhone SDKおよび開発ツールの入手、iPhoneアプリのプレリリース版へのアクセス、テクニカルサポート、iPhoneでテストするためのコード入手、App Store経由でのアプリケーション販売が可能。「Enterprise Program」は企業向けサポートが含まれ、年間299ドルとなる。

 AppleはiPhone 2.0の正式版を、6月末までにリリースする計画。iPhone向けに開発されたサードパーティーのアプリケーションはiPod touch上でも動作するが、ソフトウェアップデートを購入する必要がある。iPhone Developer Programはまず米国のみの運営となるが、今後対応国を拡大していく計画という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.