速報
» 2008年03月24日 23時01分 UPDATE

インプレスR&D、ケータイマーケティングソリューションの利用動向リポート発売

[ITmedia]

 インプレスR&Dのシンクタンク部門であるインターネットメディア総合研究所は3月24日、ケータイにおけるマーケティングソリューションの利用動向調査結果を発表した。

 同調査によれば、ケータイサイトの制作や運用に利用しているモバイルマーケティングソリューションの種類は「二次元コード、QRコード、カラーコード」が25%で最も高く、「メール配信」が20%、「画像コンテンツ・作成・開発ツール」が13%でこれに続いた。他方で「利用していない」や「分からない」は38%だった。

 インプレスR&Dは調査の結果を「ケータイマーケティングソリューション―利用動向調査報告書2008(10)」として発売。ケータイサイトを開設している企業において自社のケータイサイトの制作・管理・運用、およびマーケティングの担当者を対象に、ケータイサイトの制作や運用、プロモーション等に際し、QRコードやメール配信、コンテンツの変換・作成・開発、SEO、モバイルCRM等を目的とした各モバイルマーケティングソリューションの利用状況やこれらのソリューションの満足度、課題、コスト、今後の利用意向などについて詳細を分析している。

 価格は冊子版とPDF印刷可能版がそれぞれ5万円、PDF印刷不可能版が2万5000円。サイトライセンス版も発売予定だ。

関連キーワード

携帯サイト | QRコード | CRM | マーケティング | SEO


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう